【生活の自主学習】Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)はおすすめ!!本を読んで知らないことを知り、また読む!

こんにちは、ふうでごうです。

「本を沢山読んだ方がいい」

「本をたくさん読め!」

よく目にしますし、言われています。

でも、1冊 1000円くらい
いや2000円くらいする本を何冊も買えませんよね。

買ってためにならなかったら、
最後まで読めなかったら、
積読になってしまったら

いろいろと考えてしまって、
本を買って読むことが
先に先に延びてしまいます。

ふうでごうもそうでした。

YouTube動画や、気になる人から紹介された本を
買って読んでいたのですが、

確かにいい、面白い、タメになった。
けど、この本ずっと持っていたいというものでもなかった。
という本もあります。

おススメしてもらったけど、
なんかちょっと違ったな、
今のふうでごうには難しいな

って途中でやめてしまって横に置いてしまった本もあります。

でも、本を買って読むことは
お金がかかるということ。

本屋に行って気になったものをバンバン買うなんて余裕がない!

4、5冊買うとすぐに1万円くらいになってしまいます。

少しでも安くと古本屋さんに行って買ったりもしました。

でも、実際購入したい状態の本が少ない!

安いけど、色褪せたり、染みがついていたり

自分の手に持って読むことを考えるとちょっと。。。

ということが多く、

「本をたくさん読む」のはいいというのは分かってるけど
買って本をたくさん読むことができずにいました。

電子書籍だと紙の本に比べるとお値段が少し安い
ということは知ってはいたものの、
携帯で読むのはちょっと違うかな?
って手が出せずにいました。

しかし、2ヶ月ほど前、Amazonプライムに加入して
そのことをブログに書くのも面白いかもと思いつき、

Amazonプライム会員が読むことができる
Prime Readingで
Kindle本(電子書籍)に出会うことになりました。

Amazonプライム会員特典 Prime Readingで読める本は
Kindle Unlimitedよりも少ないですが
それでも小さな本屋さんくらいの本がありました。

Amazonプライム会員になったのは2ヶ月くらい前

30日間無料体験を経て、現在Amazonプライム継続中です。

そして11月のAmazonプライム会員特典のプライムデーで
Kindleを購入。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)に加入しました!

さらっと書いてしまいましたが、

Kindleを購入していまいました。

Kindle購入記はまた別の機会にするとして、

今まであまり本を読んでこなかったふうでごうが
Prime Reading、Kindle Unlimitdeで
電子書籍で本を読んでみた経験から
電子書籍を読むメリット、デメリットをお伝えします。

おすすめ! Amazonプライムにご興味のある方はこちらの記事↓

【生活の自主学習】
(2020年)Amazonプライムに登録。30日無料期間体験やってみよう!

本を読む。自分の時間を自分のために使うこと

仕事や育児をしていたら、
1日、自分の時間なんてほんの少し。

なんなら、会社に行く途中、会社から帰った後も
仕事についていろいろ考えたり、
仕事中での人間関係ことなんかに
頭の中が一杯で

一人の時間はちょっとあるけど、
その時間は仕事のことや、その他もろもろのことに
とらわれてしまって、
自分のために使っていないことがありませんか?

ちょっとした時間15分でも
自分の時間。
自分を豊かにする時間にあてることができたら
人生が変わっていきます。

その15分、10分でも本を読むことに時間を使うことで
新しい、今まで知らなかった世界に
連れていってくれるのです。

10分や15分じゃ読めるページ数は限られてる。

そうですよね。

ふうでごうも最初そう思っていました。

確かに、10分、15分の読書だったら
1ヶ月に読める本って本のページ数によるけど

1冊。。。。

ところが、読んでいたら先が気になる、
もっと読みたいって思うようになる

なんとかして本を読む時間を増やしたいって
思うようになって

気が付いたら、

お休みの時まとめて読むようになったり
1日のどこかで読む時間を増やそうとしています。

本を1冊、2冊。。。5冊、10冊と読破していくと

同じジャンルなら読むスピードが
最初のころに比べると早くなってきます。

このスピード感が実生活にも生かせてきます。

そうすると本を読む時間がもっと作れるようになる。

いいことづくめなんですね。

Kindle Unlimitedは読みたいジャンルの本がたくさん読める

Kindle Unlimited、Prime Readingの良さは

読みたい本はなくても、
読みたい本のジャンルの本は読める

ということ

読みたいと思った時に

本屋さんに行くこともないし
早朝や深夜で本屋さんが開いていないということもない

Kindleには12万冊の本が常時読める状態で
あるのですから。

Amazonプライム会員(Prime Reading)で読める
Kindle本でも
2万冊!

そして金額は

Amazonプライム会員は
月額プランだと500円(税込み)
Prime Reading 以外に Prime video(映画)が
見れます!

Kindle Unlimited だと
月額 980円(税込み)

で本が読めるのです。

Amazonプライム会員だと1冊、
Kindle Unlimitedだと2冊も読めば元がとれます。

本を何冊も買う余裕のない時、
本を買いに行く余裕のない時は

Kindle本、電子書籍を読むしかない!

Kindleの本、電子書籍がおすすすめです。

とはいえ、Kindle Unlimited 電子書籍にはデメリットもあります。

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindleは図書館なのです。

図書館に使用料を払っている
そんな感じです。

実際の公共の図書館は使用料は払いませんが、
税金で運営されていますので、
見えない使用料は払ってますよね。

図書館と違うところは
誰かが借りていたら、
返すのを待つ必要がないこと。

本は電子書籍を購入しないと
自分のものにはならないのです。
これは図書館も一緒。

新刊といわれるものは
電子書籍化されていなければ読めませんし、
電子書籍化されていても
追加料金(本の購入代)を払う必要があります。
正しくはAmazonで買います。
新刊はKindleの画面上に表示されます。

そして、借りた本には期限がある。
図書館には返却期限がありますが、
Kindle本にも読める期限というのが
本それぞれにあります。
期限がくれば無料で読めなくなります。
しかし、追加料金(本の購入代)を払えば
電子書籍化されているものであれば購入できます。

本独特の厚さ、重み、香りは感じられず
携帯で読むのであれば、携帯の重さ
Kindleで読むのであればKindleの重さでしょうか。

何度も繰り返して読みたい本に出合った時は
本または電子書籍を購入するしかありません。

そうは言っても、コスト面、便利さを考えると
Kindle Unlimitedに勝るものはないのです。

電子書籍はならではの機能:マーカーを引いたりメモを残せる

購入した本にマーカーを引いたり、
メモを残したりすることって
ちょっと気が引けませんか?

ふうでごうもその一人で
本を折ったり、マーカーをつけるのを
ためらいます。

けれど、電子書籍なら、
ガンガン引ける。
メモも残せる

なんなら付箋の機能を使って
もう一度読みたいところをピックアップすることも可能です。

付箋機能、メモ、ラインマーカーは本を戻しても残ります。

目次から読みたいページに移動したり、
読んでいるページが本全体のどれくらいなのかを知ることもできます。
(読んでいるページの下に表示可能)

本を読みたい!ならば電子書籍でいいじゃない!


Kindle Unlimitedの良さ、デメリット
そして読書をすることから得られる恩恵

をお伝えしましたが、

悩んでいても始まらない!

携帯で十分、電子書籍を読むことができます。

ふうでごうは電子書籍を本のように読みたかったので
Kindleを買いましたが、
携帯(iPhone)で電子書籍を読みますし
ちょっとした長い列に並ぶときは読んでいます。

お伝えしたいのは

本を読む時間を作って、
たくさんの本を読んで欲しいこと。

読みたい本を1冊、1冊丁寧に選ぶのも
本屋に行って、最近のトレンドを知れるというもの
一理あります。

まずは、本の世界に触れて、自分の好みを知る。
いろんなジャンルに触れてみる。

手軽に読書生活をはじめられる

Amazonプライム会員特典のPrime Reading、
Kindle Unlimitedをおすすめします!

さあ、一緒に読書生活をはじめましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*