今目の前にある種を育てることを大切に2020年を歩む!2019年マイベスト洋楽5曲!

こんにちは、ふうでごうです。

2019年、2020年の年末年始はゆっくりと時間をとって
振り返ったり、今年はどうしたいのか?と考える時間がゆっくり
取ることができませんでした。

年末年始に取りだめテレビの録画をやっと消化して
やっと新年を迎えたような気がしています。

世間は2020年(子年)1月を迎えて動き出しているのに、
ふうでごうは、2019年と2020年のハザマに取り残されていました。

実は、初詣、まだなんですよね笑

どこ行こうかな?って迷っているのと、
今年の自分の指針を決めてからの方がいいなって思って。

自分探しの旅は終了します

小さい頃から、自分は何者?
何のために生きているの?

という問いを持ち続けていきました。

どこにいれば、自分らしく生きれるんだろうと…

結局、その答えは出ないまま
去年1年間は特に暴走しました笑

今年のテーマに自分探しは終了!にしました。

目の前にある種を大切に愛をはぐくみます!!


これを今年は少しずつ発信していこうと思っています。

???

何者で、何をするために、なぜ生きているのか?

一度違った見方で、この1年を過ごそうと決めました。

いろんなものを削っていって、今ある小さな幾つかの種を
大切に育ってて行ってみようかな。って

昨年末から始めた、ふうでごうのオススメの曲紹介から
ふうでごうの思いをつづる。

おススメの読んだ本の紹介。

日常から学び、ふうでごうが変わっていったこと。

この3つを軸に情報発信をしていきます。

この情報発信をするために、本を読んだり、音楽を聴いたり、
洋楽の和訳のための英語の勉強をしたり
今あるものをより強力にしていきます!

もちろん、この3つの軸以外のことから派生して
新しい出会いがあり、新しく始めていくことがあるかもしれません。
いや、きっとあるでしょう。
恐れずに飛び込んで行こうと思っています。

2019年魅せられた洋楽5曲!!

2019年はクイーンに魅せられ、クイーンに背中を押されて、
このブログを立ち上げました。
忘れられない1曲です。

Panic! At The Disco (パニック!アットザディスコ) High Hopes


この曲も2019年はよく聴きました今でも聴くと、がんばっぞ!
って気持ちにさせてくれます。

Post Malone(ポスト・マローン)


何とも言えない彼の世界観に去年(2019年)からハマっています。
この曲「Circles」は近々和訳したものをあげたいなと思っている曲です。

白人のラッパーと一言で紹介するのが失礼なくらい、
とても繊細で、独特の視点で世界を斬る!みたいなところと
曲がやみつきになるくらいいいのです。

ちょっと、MVは引くかもしれません笑

ふうでごう、この曲の出会いは、MVだったので、
いやいやないだろう!!
っていうくらい引きました笑

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ) Bad Guy

現在18歳のビリー・アイリッシュ。

この世界観にも驚いたけど、何とも言えない引き付けるものには
逆らえず、ついつい聴いてしまいます。

今年もビリー・アイリッシュやってくれるんだろうな。

Ed Sheeran & Justin Bieber I Don’t Care

まだ取り上げたことのないエド・シーランと
2020年復活のアルバムを出すジャスティン・ビーバー

この着ぐるみで売れるって、2人のヒットメーカーならではだなあって
何度観ても、ほっくりと微笑ましいMVです。

エド・シーラン、ジャスティン・ビーバーはご紹介したい曲がたんとあるので
また別の機会に!

やっぱり、今年のゴージャス、メモリアルな曲は

Jonas Brothers(ジョナス・ブラザース)  Sucker(サッカー)

事あるごとに今年はこの曲を聴聴きました。

再結成で、「1番とったるで~!!!」とガチのやる気を出したMV
曲も再結成1曲目にふさわしい全力疾走!

これはふうでごうの2019年 ナンバー1 です。


ふうでごうがご紹介した曲の中にあなたのお気に入りの曲はありましたか?

2020年はたくさん色んな曲をご紹介して、
年末、2021年の年始に
ご紹介した曲とともに、2020年の成果
2021年の目標をみなさんとシェアできたらいいな
と今年1年出会う曲にワクワクしています。


2020年があなたにとって素晴らしい年になりますように。

音楽とともに、ふうでごうより

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*