映画おすすめ「ボヘミアンラプソディ」

こんにちは、ふうでごうです。

ゴールデンウイーク後半に突入しましたが、
いかがお過ごしですか?

今日は、ふうでごうが、このブログをはじめようと決意した
映画「ボヘミアンラプソディー」
をご紹介します。


この映画「ボヘミアンラプソディー」を観て
何かを始めた方がいらっしゃるのではないかと思います。


そのくらい、志を持って生きることの尊さ、
熱い志を持った人が集まった時の常識を覆すような行動
それによって受け取る人達の巨大なムーブメント

巨大で熱い志が循環し、神話になる。。。

いやいや、誇大評価でしょ?笑

って聞こえてきそうですが、

一冊1500円の自己啓発書を3冊買う以上の
価値のある映画だとふうでごうは確信しています。


心の葛藤のエネルギーを仲間と増幅し成功
心の闇、闇からの生還、天命を見つける。
世代を超えて、フレディ・マーキュリーとクイーンの思いは語られ続ける・・
(歌がたくさんの人に愛される)

この成功の裏には普通に暮らしている人には想像できないような、
努力、時間を掛けているのだと思います。
(2時間の映画の中ではあまり描かれていませんが・・)

ふうでごうは、「ボヘミアンラプソディ」を4回観ました。

4回とも、心を震わせ、背中を押してもらいました。

朝から雨が降っていた今年の1月
雨がやみ夕日が雲間からさしてオレンジ色に空が染まっていた、この映画を観た帰り道、
このサイトを作ろうと思いたちました。

なかなか作業が進まず、

「やっぱ、無理だよな。無駄なことやってるわ・・」

と作業をやめてしまい、会社と家の往復の日々に戻る。

でも、ふと

「いや、このままではいけない!」

を繰り返し(なので4回も笑)

「ボヘミアンラプソディ」の力を借りて、
まだ未完成のままですが、ブログを書けるようになりました。

残念ながら、4月1日にブログを始めた日には「ボヘミアンラプソディ」は
限られた映画館でしか上映されていなくて
ブログ立ち上げまでの経緯に「ボヘミアンラプソディ」のことを入れることを断念しました。

タイミングがあればお勧めしたい映画のリストのトップにありました。

映画の迫力はクイーンの音楽の力もありますが、

やはり、フレディ・マーキュリーの短くて深い生きざま(真のストーリー)
その志がピュアに描かれていることに、

ふうでごうの心が共鳴したのだと思います。

そして、とうとう
「ボヘミアンラプソディ」のDVDが発売されましたので、
この映画をご紹介させていただきました。



映画館で肌で感じる音の迫力には負けますが、
クイーンの音楽に浸り、フレディ・マーキュリーになって
自分の使命を見つける疑似体験をしてみてください。


フレディ・マーキュリーのように大きなことはできないかもいれませんが、
その、生き様、感性は日常の行動の一つの新しい視点になります。


この映画が転機となり、


あなたの新しい第一歩になると願っています。

今日も、読んで頂きありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー