ここぞという時、何か行動しようとしている時、パワーをいただく方法

こんにちは、ふうでごうです。

今から少しだけかわろう!
今から大事な仕事がある!
今から大切な試合がある!
今から大事な人と会う!!

そんな時、ちょっと気合いを入れますよね。

その気合いの元って、ずーっと続いたことありますか?

どこだっていいし、気合いはいつでも出せるよ!

って人もいるでしょう。

ふうでごうは、ここぞという時は、気合いを入れますが、
必ずといっていいほど、その後はダレ~となってしまいます笑

気合い、パワー、エネルギーなどいいますが、

使ってしまえば、減るんですよね。

で、また何かで補給(チャージ)しないといけない。

車だって、走ればガソリンは減るので、
お金を払ってガソリンを給油しなければいつかは止まってしまいます。

大好きな物からパワーをもらう。

ふうでごうは、よく富士山からパワーをもらいます。

通勤で使う道から天気のいい日は富士山がちょこっと見えるのです。

富士山は目で見てますが、イメージは富士山の近くに行った時の
心がポワっと温かくなって、でも神聖な冷たい霊気を感じる。
そこでエネルギーチャージをしています。


天気が悪かったら?


そんな時は、富士山を近くで観た時の思い出から、
富士山をイメージしています。
その時の神聖な空気、でも見守られているような感じを思い出して。


余談ですが、
数年前まで、生富士山を見たことがなくて、
絵や写真で見る、冠雪がある富士山が
ふうでごうの富士山だったのです。

そう、夏の富士山をしらなかった!!

夏、高速道路から富士山がもうそろそろ見えると
ワクワクして運転していたのですが、

ん?

ん??

ん???

見えたのはこげ茶色の山!

こげ茶の富士山!!

夏の富士山を初めて見た時は、高速道路にもかかわらず、
3度見してしまいました笑。

そりゃ、そうですよね。
夏だから、いくら頂上が温度が低いとはいえ雪は消えてしまいます。
ふうでごうの富士山といえば、冠雪ある富士山だったので、
かなりショックを受けました。


それに、見る場所によって富士山にコブがあったり、

もう富士山を近くで見る度新しい発見ばかりで
富士山愛は募るばかりです。


さてさて、ふうでごうの富士山愛はおいといて、

イメージして、胸のあたりがポワっと温かくなる。

大切なもの、大好きなもの、なんでもいいです。

そこからエネルギーをいただく感じ。

できれば、1人静かな場所でできるといいですね。

そんなの信じられない!って思うかもしれません。


もらえると思うことが大切!

「うまくいきますように!」と
願掛けするのではなく、

これからパワーを必要とする、
予定、行動のために力をいただくという
気持ちでやってみてください。

常にやっていると、
気持ちが前向きになるし、
パワーをもらえる感じが分かってきますよ。

そう、胸のあたりがポワっとする感じ!

ぜひ、ためしてみてください。

きっと、温かな、優しい力をいただけますよ!


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*