自分の人生の課題を見つけた夏。迷走街道を爆走していました!

こんにちは、ふうでごうです。
このブログを立ち上げてからそろそろ、半年を迎えようとしています。
その間、猛烈迷走していました涙。

何をベースにこのブログをやっていけばいいか。
どこまでふうでごう自身を語ればいいのか。
ふうでごうの志は何なのか。
本当に今やっていることがふうでごうのやりたいことなのか。
誰にむけてこのブログを書いているのか。

もう迷走の理由を上げたらキリがないくらいありました。

加えて、なぜだか突き動かされるように、
会社をやめる!

なんてことを考えだし…笑

4月に退職を願い出ました。
本当は7月に退職が決まっていました。

しかし、考えに考えた末、
ふうでごうから、退職を取り下げていただきました。

などなど迷走は、考えるだけでなく、行動にまで波及し
かなりしんどい約5カ月を過ごしました。

これだけ迷走すると、いろいろ気づくこともあり、
十分コンテンツになるなって笑

まだまだ、迷走の種は持ってはいますが、
ふうでごうが悩み、苦しみ、時には笑い
そんな体験から得た学びが読んで下さる方のお役に立てば幸いです。

さてさて前置きが長くなりましたが、
ブログ更新がかなり空いたことの言い訳はこれまでにして
今回は退職騒動を起こし、学んだことを書きます。

2019年1月それは始まった

新しい年を迎え、新年の誓いを立て、
年号が変わる、天皇が変わるということに
希望を抱いているように、周りをふうでごうは感じていました。

一方でふうでごうは、
仕事が体力的にきつく、
あかん、これがこのまま続くのだったら、
この仕事を続けるのは無理!

今、思い出せば、体力的にキツかったのは
2週間くらいだったのですが、
ずーっと続くような気がしたのです。
別にふうでごうの体調が悪かったわけでもなく
仕事量が与えられた時間では無理だったのです。

ここで、問題なのが、
ふうでごうのたまに出る真面目なところ。

真正面から、このどーにもならない
時間と仕事量を
体力の限界まで突き詰めたのです。

要はスピードupしてなんとかこなそうとやりました。

結果、体力の消耗がはげしい割には、
仕事の出来の満足感が得られず
体の芯から疲れ切った感じでした。

自分勝手に疲弊…もう無理…

仕事辞めよう!

と考え始めました。

次に来る忙しくなる前に辞めよう!

「辞めよう」と考えだしたら、止まらないのが
ふうでごうの悪いところ。

これ、いい方に出れば、
集中力に活かせるのですが、
今回のようにネガティブな思いからの行動だったので
もう止まらない!!

この思いが出てくる前に
いつか、会社を辞める時が来るんだろうな。
辞める時は、卒業がいいな。
自分を高めて、次へ向けての卒業!

なんて考えたこともあって、
これは卒業しろっていうタイミングなのかもしれない!

と、「辞める!」という思いに拍車をかけてしまいました。

1番辞めやすくて、周りの人に迷惑にならないのはいつ?
というか、体力的にキツイ時期はもう無理だから、
7月くらいに辞めよう!

そう決めたものの、その後どう生活をしていくのか
ほぼほぼノープラン状態で
最終4月に退職を上司に申し出ました。
次の目標がはっきりと決まっていないけど、
辞める日にちを先に決めたのです。

7月退職後のプランが無かったわけではないのですが

以前、書いたことがあるのですが、
全国通訳案内士の試験が今年も8月にあったので
今年も受験しようと思っていました。

8月の筆記が合格すれば、12月の二次に口述試験
結果は1月で研修を受けたりして
晴れて来年の春には通訳案内士!

なーんて考えたり。

ほぼほぼ、勉強をしていなかったので、
合格する確率はかなり低く、
国家試験はそんなに甘くはありません。

でも、そこまでどうやって生活していくの?

バイトかなんかで食いつなぐこともできるし…

でも、不合格だったら?

こんな感じで、現実的ではないことを
つらつらと考えました。

とにかく、会社を辞める!
辞める!と決めたら、次が出てくる!

もう、日常全てが「辞める!」に繋がった出会いにしか
思えなかった、ふうでごうがそこにはいました。

迷走街道驀進中のふうでごうに苦言

7月の退職と決まっていたのですが、
1ヶ月前の6月末、

ふうでごうの辞めた後のことが決まっていないということもあり
話し合いの結果、
8月末まで退職の延長が決まります。

自分で迷走街道を爆走しているのを止めることができず
けど、やりたいことも、仕事も決まっていない。
収入もなくなってしまう。

そんなふうでごうに、
苦言を呈してくれる方々が出てきたのです。

今ある状況を見てるの?
本当にやりたいことなの?
覚悟はあるの?
確信があるの?


一つ一つの言葉が
ふうでごうの暴走を止めてくれる防波堤のように
力強く、立ちはだかってくれました。

そして、その防波堤からは
ふうでごうを想っての、深いやさしさが返ってきました。


人にはタイミングがある。
でも、今のタイミングではないよね。


仕事がしんどいからって、ネガティブな思いからの発想は
よりネガティブなものしか寄せ付けないよ。
それに何よりも自分のために、何かを探してるじゃない!


本当に体力的に無理だったら会社を辞めた方がいいと思うけど
今、自分を取り巻いている世界をちゃんと見てみようよ。



他にもありますが、どれもこれも、
本当に幸せな出会い。幸せな言葉をいただきました。

まだまだ迷走はしていますが、
やっと、苦言の意味が分かる、
いや、分かりかけています。

これは、日常に活かせたとき
ふうでごうのストーリーが出来上がるのだと思います。

結果、まず、目の前のことに真剣に取り組んでみる!
そして学ぶ。そして活かす!!

またまた、8月退職の1ヶ月前
7月末。

ふうでごうは退職を取り下げて頂きました。

これは、運が良かったとしかいいようがありません。

何度も、何度も、上司と話をさせて頂き、
自己都合で退職を申し出、退職を取り下げてもらうなんて
なかなか自分勝手にも程があります。

考えてみると、今までの人生、こんなことを繰り返してきました。
ようやくこの性分というか、爆走する癖がなんなのか
分かりかけています。
このことについても、これから記事を書いていきます。

今回の迷走のおかげで、
自分の性分との付き合い方、
自分の過去、
自分の無知
人のぬくもり
などなど多くのことを学びました。

でも何よりも一番の学びは
相談をするということ。

たわいもない日常会話は得意なのですが、
自分の悩み、苦しみを誰かに話して聞いてもらう
っていうことが不得意なのです。

相談するなんて迷惑じゃないか?
こんな悩み、自分で解決できる。

なんてことを考えて、
自分のなかで悩みを解決しようとしていました。

自分の状況を話してみる。
このことで、今の状況を俯瞰することができるんですね。
少しばかり冷静になることができる。

「自分を知る」
その中でも、今の自分を正直に話す
これが今回の迷走のテーマだったのかもしれません。

不得意な自分をさらけ出したりすること。
もっと他にもありますが。

それに、自分の悩みを打ち明けられる人がいる。
これって本当に大切だなと思いました。


しかし、迷走街道を爆走すると、
疲れます。
ガソリン切れというのがピッタリの数週間を過ごしていました。

一方、そんなふうでごうに、
行動しようとしているその姿に、力をもらった。
ふうでごうを見て、私も何かをやらなければと思った。

と心優しい、力をいただける言葉をかけて下さる方々が
いて下さいます。

自分のいる世界にきちんと収まってみると、
小さいですが、想いの循環が起こっているんだと
ちょっぴり感動もしています。

迷走街道を爆走したふうでごうの道跡が、
何かのお役に立てれば幸いです。

今回はふうでごうが自分の人生の課題に直面して、
乗り越えようとしている経過を書きました。


もっと書きたい事があるのですが、
また次の機会に!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*