「令和」おめでとうございます!

こんにちは、ふうでごうです。

令和元年5月1日

おめでとうございます。


この素晴らしい一日いかがお過ごしですか?

きっと、新しい時代の幕開けを何かしら感じてお過ごしのことと思います。


テレビで天皇皇后両陛下のすがすがしいお顔を拝顔すると、

「新しい時代がやって来た」

と実感できますね。


特に雅子皇后陛下の笑顔が素晴らしく、

きっと、新しい時代を照らして下さる

と思わずにはいられませんでした。

世界一長く続く国家「日本」

ご存知のように、日本は
初代天皇 神武天皇が即位してから2600年以上続いている国です。

このように長く同じ天皇系が続いているは世界にはなく

日本の皇室は世界ではとても格式が高いのです。
(とても誇らしい事です。)

この新しい元号を機にもう一度、「日本」を見直してみるのもいいかもしれませんね。

常識を疑うこと

はじまった「令和」がどんな時代になるか? どう生きればいいか?

未来予測をしている番組が多い中で、このコメントがすごく印象に残りました。


「常識を疑うこと」


確かNHKの解説員さんのコメントだったのですが、


「常識の中からはなかなか何も起こらない。
常識の中でその常識を疑うことから見えるものがある。」

かなり要約をしましたが、
鋭い視点をもった解説員さんだなあと思わずメモを取りました。


ふうでごうがこのコメントを聞いて思ったのが

自分が興味を持っている情報をAIが選別して勝手にパソコンやスマホの検索に出てくるような
今の時代。


あたかも、自分が興味を持っていることが、
誰しもが興味を持っているように思ってしまいます。

よく見る、聞く情報が常識のように思い込んでしまいます。


だからこそ、
「自分が常識だと思っていることを疑ってみる」


言いかえれば
「新しい視点を持って、違う角度から物事を見てみようよ」

ということだと思いました。

ふうでごうと同じ視点を持っている人の意見を聞くのはとてもうれしいですし、
同じ視点の人を見つけると、前に進む勇気をもらえます。


また、ふうでごうが持っていない視点を知ることで
より物事を深く見ることができるので、自分を成長させてくれたことに感謝します。

日々その連続のような気がします。

改めて、令和元年5月1日を迎えて、

ふうでごうはこのブログを通じて

皆さんと一緒に、この「令和」を一緒に楽しく、深く駆け抜けたいと強く思います。



今日も読んで頂き、ありがとうございました。





     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー