【読書の部屋】後悔しない生き方をしているか?人生の最後、生き切ったと思えるか?~ひすいこたろう著「あした死ぬかもよ?」(その1)

こんにちは、ふうでごうです。

隕石が真上から落ちてきたくらい衝撃を受けた本があったので
ご紹介します。

以前から読みたいと思っていたけど、買ってまでは・・・
という本に、「生きる、死ぬ」ということを題材にしたものが
ありました。
何冊か読んだのですが、

その中で、
ひすいこうたろう著「あした死ぬかもよ」

が「生き方」を考えさせられました。

自分が死ぬときに後悔せずに死ねるか

という内容なのですが、
よく聞くフレーズですし、他にも本を読んでいたので
同じ内容だろうとナメていました。
いや、言っていることは同じことですが、
心に響いてくる方法が違いました。

●ワーク形式になっている本なので、本の流れをご紹介します。
後日、ネタバレになってしまいますが、
ふうでごうがこの本で変わったことを書きます!

あと何回桜を見られるだろう?

「あと何回桜をみられるだろう?」

からこの本の「しつもん」は始まります。

いや、その前に「しつもん0」というのもあるのですが、

第1章 後悔なく生きる

第2章 ドリーム(夢)を生きる

第3章 ミッション(志)を生きる

第4章 ハートの声(本心)で生きる

ラストメッセージ

本の構成は第4章まであり、

「しつもん27」まですすめていくワーク形式のものです。

最初のうちは、知ってる、知ってる
やったこんな質問って思っていました。

でも、一つ一つの「しつもん」に対する
ひすいこうたろうさんの文章や
引用されている数々の名言が
(この本「名言セラピーシリーズ」とあります)
どれかが刺さるように書かれているのです。

「ネタバレ」になってしまうので、
「しつもん」内容は避けますが、
この本を読み終わって、2日ほどたちますが
いまだにこの本のワークが頭から離れず

最後に後悔しない生き方をすることができるか?

自分に問いつづけています。

後悔しない生き方って?

今、死んだら後悔するだろうな。

それはふうでごうは思う。

死の間際にできることをやる自信はある。

今まで生きてきた人生を振り返った時は
後悔するだろうな。

なんでも結果を急いで、
コツコツと積み重ねることを避けてきた人生

結局、これといって身に付いたものが
ない。

ひすいこうたろうさんの「あす死ぬかもよ」
を読んでふうでごうが思ったこと。

だから、いろんなことに興味が湧いて
あれもしたい、これもしたいというのを
ちょっと抑えて

絞って、じっくりコツコツとやっていこうと
決めました。

この本を読んで、出た答えをここに書いてしまうと
ネタバレになってしまうので、
数日後にブログに書きます。

もし、立ち読みやkindleをお持ちの方は
是非

ひすいこうたろう著
「あした死ぬかもよ」

を読んで「しつもん27」までやってみてください。

自分の人生を一度最後から見てみるというのは、
今の自分がどこに居るかを知ることもできます。
スタート地点、ゴールを両方を人生の中で設定することができます。

今ならAmazonプライム会員に登録すれば
30日無料でkindleの一部の本が読めます。
もちろん「ひすいこたろう著 あした死ぬかもよ」
は無料で読めます!

ひすいこたろうさんとは

コピーライター、作家、漢字セラピスト。日本メンタル
ヘルスキョウカイの衛藤信之氏から心理学を学び
心理カウンセラー資格を取得。
『3秒でハッピーになれる名言セラピー』が
ディスカヴァ―MESSACE BOOK大賞で特別賞を受賞し
ベストセラーに。
(参考:Amazonサイトより)
顔出しはしていらっしゃらないようです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*