【人生メイク】まずは行動を起こして続けよう!それが全てを引き起こす最初の第一歩になる。

こんにちは、ふうでごうです。



こんな風な人になっていきたい
成長していきたい変わろうとしているのに
今までやってきたことが足かせとなって
周りの人に「○○な人」と決めつけられて
なかなか見られ方が変わらないってことありませんか?

引越しや、進学、留学など

環境がガラッと変わってしまったら、
自分を取り巻く人が変わってしまったら、

今までの自分とは違う、なりたい自分に
変わることは結構うまくいきます。

ただ、自分を取り巻く環境が変わらず
その中で、自分が変わっていき
そして周りの人がそれを受け入れてくれるのは
なかなか大変ですし、時間がかかります。

でも、1ヶ月、2ヶ月とやりつづければ、
周りの人の自分への見方が変わってくるのを
感じることができますし、
続けることで自分も確実に変わっているというのが
実感できるので、
自分をより成長させていくことに意欲が湧いてきます。

なかなか、変わったことを受け入れてもらえない

環境が変わらず、自分が変わることはなかなか
大変だと、ふうでごうも経験をしました。

ふうでごう、以前は仕事場に着く時間が
半年前までは1、2分前だったのです。

何度がそのことをブログで書いたことがあります。
ちょっとでも時間があったら、
ギリギリまで何かをやりたいと思って、
家を出る時間が遅くなっていました。

1、2分間に仕事場に着くということは、
仕事場に着くまでの交通事情では、遅刻するということもありました。
これはダメですよね。
でも、何年もこの行動を変えられなかったのです。

もちろん、出勤するごとに
「もう少し早くこれませんか?」
「家を出る時間に電話するよ!」
「他の人にも悪い影響を与えるからやめてほしい」

などどいわれ、
毎回そうだなーって思うのですが、
やはり、家を出る時間は2,3分早くなるくらい。

たまに早く着くこともあるのですが、
それが続かないのです。
(なぜ、ギリギリに家を出て、ギリギリに着くのか
を考えた方がいいのかもしれませんが笑)

それが最近は10分前には仕事場の近くには着き
遅くても5分前には準備が整った状態になっています。

けれど、仕事場に10分前から5分前に着いて準備が
出来ているにもかかわらず、
「出勤時間ギリギリにくる人」
という周りの人のふうでごうへの見方はなかなか変わりませんでした。

ま、誰かのためにってやってたことではないので
早く職場に着いてびっくりされても、
からかわれても気にはしませんでしたが。。。
でも、正直ムカっとする言葉や態度はありました笑

周りの人の見方で自分は変わっていく

学校、職場、家庭

どこに身をおいても、
自分の周りには人がいます。

自分の人生を作っていくのは自分なのですが、

不思議なことに、まわりの人の自分への見方
というものが今の自分を作っていると感じることは
ありませんか?

言い換えれば、自分の周りを見れば
自分が今置かれている状況というのが見えてくる
ということにもなります。

自分の姿を見る鏡のように
周りに居る人は自分を映し出す鏡のようなものなのです。

その鏡、1人で鏡に映っていると、
自分の想い通りに、映る自分を思い通りに
変えることができます。
悲しい顔をしていても、笑うこともできる。
そして、わたしはいつも笑顔でいよう!
って自分に語ることができます。

でも、周りにいる人の中には
変わろうとするのを止める
成長しようとするのと足を引っ張る
成長を拒む
人を信用しないなど
いろんな人(鏡)があります。

その鏡が多い分、変わろうとする自分にブレーキをかけたり
認めようとしてくれなかったり
ということが起きます。

でもね、そんな人のために
ちょっとでも成長したいと思っている気持ちを
抑え込む必要なんてないんです。

変わろうと続けていると、
もちろん、足を引っ張ろうと思っている人が
好意的になったりすることもありますが、

自分を取り巻く人以外からの
信頼や、新しい出会いがあったりするのです。

自分の今までいた場所ではなく、
新しい場所に信頼の種を蒔くことができるのです。

自分が少しでも変わったと思える瞬間

ふうでごうが出棺時間に余裕をもつようになって
半年くらい経ちます。
周りの人の反応もあまりなくなりましたが、
まだ、何かと半年前までのことを言ってくる人もいます。
ふうでごうが自虐ネタで過去の
出勤時間ギリギリの話を出したりもしますけど笑

少しでも早く仕事場に行きはじめ
周りが「時間ギリギリに来る人」という
見方が変わったと感じ始めて
確実に変わったなと思ったのが、

周りにいる人以外のところからの
信用を得たと感じた時、
確実に
ふうでごうが変わったと思った瞬間でした。

以前からいる場所は変わらないけど、
自分が変わることで、
新しい道が開けた。
違ったステージが開けたという表現があっている
のかもしれません。

あなたが変わることであなた自身の道が開ける

ふうでごうの例は、基本的なことでしょって
思われるかもしれません。
そうなんです、社会人として基本的なこと。
でも、少しでも早く仕事場に着くことで
少しずつし仕事場で見えるものも違っていたのかもしれません。

たとえば
愚痴っぽいから、そういうの言わないようにしようとか
怒りっぽいから、イライラしないようにしようとか

ちょっとした癖を直したいな、
自分が変わりたいなって思うことありますよね。

環境を変えずに、自分が変わるということは
とても難しいことですが、
いままでのクセ、習慣を変えて
変わっていくことで

きっと今いる環境の中で
変わった自分をやりつづけていると
ちょっとした変化が感じる瞬間があります。

いつもは見ていないだろうと思う人から
思わぬ声をかかられた。
褒められた。
今まで声も掛けてもらえなかった、仕事が
急にやってきた

なんてことがあるかもしれません。

自分が変わっていくことで、
身近な人達との関係も変わりますが、
もっと大きくかわるのは
自分の歩いている道がパッと開けることかもしれません。

見える世界が変わるのかもしれません。
今までとは違った道へ進もうと思うかもしれません。

自分自身が成長するように
あなたが行動を起こして続ける。
それが全てを引き起こす最初の第一歩になるのです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*