【映画】映画『Yesterday(イエスタデイ)』を観て、熱量を込めて、何かにハマることの大切さに気が付いた。

こんにちは、ふうでごうです。

2019年公開の映画『Yesterday(イエスタデイ)』を観ました。

世界規模で12秒間の停電が発生。復旧したあと、
ビートルズが存在しない世の中になっていました。


あなたは売れないシンガーソングライター。
あなただけがビートルズの曲を多く覚えていて、
ギターの弾き語りで歌えるとしたら、
どうしますか?


ふうでごうは、映画「Yesaterday」を見て、

映画のストーリーの中での話になりますが、
主人公ジャックが
大量にビートルズの曲を大量に覚えて
ギター一本で歌えなかったら
この映画、物語がすすまないなって思ったのです。

主人公ジャックはビートルズが好きで、
ギター一本で何曲も譜面を見ずに歌うことが
できた。

それができた主人公だから、この物語が成り立っている
と思ったのです。

この映画を観て、圧倒的作業量、のめり込む事の大切さ

を改めて気づかされました。

映画『Yesterday』あらすじ

ビートルズの曲をギターの弾き語りで歌うと、
あなたが作った曲に見向きもしなかった人たちが
熱狂し、感動する。
世界中があなたがギター一本で歌うビートルズの曲の
とりこになる。

そんな光景を目の前にしたら。。。

それが映画『Yesterday』のざっくりとした
話の流れ。

ここからが本題

ある日、世界規模の12秒間の停電が起こります。
この停電で、主人公ジャックは交通事故に遭い、
入院する羽目に。

その後退院し、退院祝いをしてくれた友達の前で

ビートルズの曲「Yesterday」を友達の前で披露します。

友達は感動し、作詞作曲はジャックなのか?
と聞きます。

「ビートルズ」という名前を言っても

友達の反応は「何を言っているの?」と

変人扱い。

ジャックは家に帰って、
「ビートルズ」をネットで調べます。

出てくるのは「カブトムシ」

何故だか分からないけど、
世の中から「ビートルズ」が消えたことが
分かります。

部屋の雑誌やレコードを探しても
「ビートルズ」はでてこない。

そこで、主人公ジャックは
忘れてはいけないと、

覚えている曲をリストアップしていきます。

ギターを弾き、歌いながら
全部歌詞を覚えているかどうかを確認し

ジャックの部屋の壁に
ポストイットに曲名を書いて貼っていきます。

壁に張ったポストイットの数は50曲は越えていました。

ビートルズは存在しないのですから、
譜面も、曲も聴くところがありません。

ただジャックの記憶をたどりながらの作業。

そして、ビートルズの曲を自作CDをつくり無料で配ります。
ジャックが歌ったビートルズの曲は瞬く間に
世界中を駆け巡ります。

そして、エド・シーラン(本人が出演しています!)
の耳にも。
エド・シーランのライブの前座のお誘いが!

そこへデビューの話が舞い込み、

最後は大切な人が、デビューかの選択をすることになるのですが。。。

夢中になって身につけたことが役立つ

この映画を観て、ふうでごうが引っかかったところ

「主人公ジャック、ビートルズの曲何曲完コビできるの!?」
でした。

主人公ジャックは
ビートルズに影響を受けて、ビートルズの事が好きだから、

もしかしたら、イギリスのロックの原点
(ビートルズだけじゃないですけど)
だから覚えていたのかもしれません。

曲を聴けば思い出したり、
口ずさんだりはできますが、

50曲以上もの完コビして歌えるなんて
なかなかできたものじゃありません。


映画のストーリーで、実話じゃないから
といえばそれまでなのですが、


ここにふうでごうはひっかかったのです。


やっていること、興味があることに対する
姿勢


浅く広く。も大切ですが、

何か1つのことに没頭し、深く突き詰めること
も大切だと。

何か1つのことに没頭すると、
周りが見えなくなり、
手放す時が見えなくなります。

しかし、この映画を支えているのは
主人公ジャックの
ビートルズの楽曲の大量記憶。


それがあったからそこそ、
タイミングが来た時、
売れないシンガーソングライターの
人生が動き出したのです。
映画の中では、大切な人との関係も動き出しました。


主人公ジャックもビートルズが存在しない世界になった
とはいえ、自分が作った曲じゃないものを
自作だと偽ることに悩んでいましたが。。。

何かにハマり、自分軸を作る

映画『Yesterday』の主人公ジャックのように
人生をかけるとは言わないまでも、

相当な時間、熱量を1つのことに
掛けることは

結果がでなくても、

その先の出会いやチャンスに
活かせることができる。

この映画を観て、ふうでごうは気づかされたのです。

何かに没頭して得た知識は、自分軸を作るものとなって
その知識を使わなくても、理論は
後々生かされるます。

アップルの共同設立者の一人
スティーブ・ジョブズは

青年時代、「カリグラフィー」に興味を持ち
大学の講義に潜り込み、
大学を中退した以後も1年以上学んでいます。

その経験がMacを作る時の発想の1つ
装飾文字にも生かされます。
Macを世に出すために、
スティーブ・ジョブズが譲れなかった
ところだと言われています。

直接は関係ないけれど、
何かに没頭した、興味を持って深堀りし
身につけた知識、技術は
人生を支える軸になるかもしれない。
もしかすると、
ただの興味があること、好きだったこと
で終わるかもしれませんが、
いつか別の形で自分を支える軸になります。

まずはやってみるしかない

何に興味が湧くかは人それぞれ、

ふうでごうは、1つのことに集中するのが
出来ないタイプ。

何かをやってたら、他のことが気になり、
知りたい事とか、身につけたい事があったら
最短、最速で知れる方法、身につける方法を
探してしまいます。

情報社会ではいいカモです笑


最短、最速で身につけるというのも
流れの早い今の時代には必要でしょう。

でもね、何年もかかってやっと気が付いたこと。

目的を持ち、熱量が込めた
圧倒的な作業量、圧倒的な深堀り
は人生の中で1度は必要だと。

それが1つの自分軸になるのだと
思います。

自分の軸、「何をやりたいのか」
「何者なのか」を定める軸を
どうやって見つけるのか模索していたのですが、
映画『Yesterday』を観て、
主人公ジャックのビートルズの楽曲の
記憶量に引っかかったのだと思います。

自分軸を見つけるには、1つのことに没頭することも
大切だと気づかされました。


ふうでごうは、1つのことをじっくりと突き詰めるのは
苦手ですが、
このブログをじっくりと付き合ってみます。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
Have a nice day!

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*