タランティーノ監督の観る人を楽しませる「こだわり」を盗め!~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

こんにちは、ふうでごうです。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観てきました!

映画の終盤、笑いのツボにはまってしまって、
映画を観終わっても、笑いが止まらず涙を流しました。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の感想を
どう表現していいか悩んだのですが、


映画館という三ツ星レストランにいって、シェフ(クエンティン・タランティーノ監督)の腕を振るった濃厚なフルコースを頂き、心も体も満たれるような
感覚を味わいました。

ストーリー、映像、音楽、全てに圧倒されました。

クエンティン・タランティーノ監督の世界にどっぷり浸った2時間15分を
書きます。(少しばかり、ネタバレ注意です。)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの時代背景

今回の映画、レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン役)、
ブラッド・ピット(クリフ・ブース役)の豪華な顔ぶれということで
2人を映画館で観る!
という水族館(動物園!?)に行くようなワクワク感たっぷりでした。

映画の背景、どんな映画なのか、タランティーノ監督の思いなど知らず…

結果、この大感動、大満足につながったのかもしれないのですが、
一つだけ、映画を観る前から気になっていたことがありました。

PG12

豪華なキャストなので、やはり周りには美女多数、
性描写がすごいのか・・
(全く予想とは違っていました汗)

前置きはここまでにして、簡単に時代背景から


1969年のハリウッドのヒッピー文化、映画がテレビの影響で衰退しつつある時代を背景にストーリーは作られています。

映画のストーリーの最終は1969年8月9日 ハリウッドで起こった
カルド指導者チャールズ・マンソンの信者が起こした無差別殺害事件を
タランティーノ監督風にアレンジされて終わります。

リック・ダルトン(レオナルド・デカプリオ)はテレビ俳優で看板番組を持っていますが、映画では悪役を演じることが多く
アル中気味?で自分のキャリアに不安を持っています。

このままでは、俳優の仕事がなくなってしまう…
ヨーロッパで主演映画俳優としてもう一度、輝く道を選ぶか、
時代の流れに任せて、ハリウッドに住みテレビの仕事をこなしていくか、

人生の岐路に立つところからはじまります。

プライドが高いけれど、とても繊細でキュートな人物でした。
感情の表現が細かいというか、
動き、表情すべてが
レオナルド・ディカプリオの演技の上手さが超絶際立っていました。


そして、バディというか、リック(レオナルド・ディカプリオ)の
スタントマン兼付き人(車の運転、雑用全般)が
クリフ・ブース(ブラッド・ピット)です。

クリフは、リックのスタント兼付き人をしつつ、映画の仕事も探している
ようなのですが・・。
人柄としては、ナイスおじさん!
警察に逮捕されるようなことはしない、
(奥さんを殺害したとか・・なんか過去は謎に満ちています)
正義感に溢れ、しぐさも、立ち姿も、動きも
超超カッコイイおじさんです。


この2人はタランティーノ監督が作り出した登場人物で、
他の登場人物はほぼほぼ1969年に存在していた人物が実名で
映画のいたるところに登場してきます。

ふうでごうが知っていたのは、スティーブ・マックウィーンとブルース・リー
だけでしたが・・

この2人(リックとクリフ)が中心になって1969年のはじめから、1969年8月9日までの間の物語がハリウッドを中心に進んで行きます。

映画を観た後から知った、タランティーノ監督のこだわり

この映画の撮影では、携帯電話の持ち込みを禁止。
また、ネタバレ漏洩を防ぐため、出演者が脚本を読む場所は

タランティーノ監督の自宅のみ

脚本は出演者で回し読みしたそうです。

その上、この映画、

CG、映画セットなし
(映画のために、街を作ったり、場所を作ったりせず、
現在ある場所で撮影したのだそうです。)

映画を観ていて、何か温かいものを感じ、一体感を感じたのは
タランティーノ監督のこだわりからくるものだったというのが、
映画を観終わった後、この映画に関して調べていてわかりました。

それにしても、出演者の方々、かなり長いセリフがありました。

脚本を読むのがタランティーノ監督の自宅のみで、脚本も数がなかった
状況で、脚本を読み込み、セリフを覚えてしまうなんて、

凄すぎます!!

10本取ったら監督を引退!?

タランティーノ監督はかねてより、監督作を10本撮ったら引退すると公言しています。

監督としては、であって、脚本、プロデューサーとしては映画を作り続けて
いくのではないかと思うのですが・・。

今回の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は
監督作9作目にあたります。

以前から、タランティーノ監督の育った場所、ハリウッドを題材にした映画を撮りたいと思ってたようで、
監督の育ったハリウッドを描くということで、思い入れも強く、
かなりの歳月をかけて脚本を書いています。

公言通りであれば、タランティーノ監督の監督作は残すところ、

あと1作

どんな映画をわたしたちに届けてくれるのでしょうか。

ジェットスターに乗ったような感覚で映画を観て欲しい

もし、これから「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
を観る予定があるのならば、


ただただ、タランティーノ監督号に乗り、
ジェットコースターを味わう気分で
なされるがままを体験してもらえたらと思います。


ジェットコースターほど、スタートからゴールまでの間の加速する場所は
沢山ありませんが、
最後の加速は半端なく楽しめるはずです。

最後の加速までの間は、退屈なのでは?

いえいえそんなことはありません。
タランティーノ監督のこだわりが細部に行き渡っているので
十分楽しみながら最後の加速に入っていけると思います。

そして、最後の加速!!

全てを映画に任せて、純粋に楽しんでみて下さい。

これだけ期待をさせておいて、
笑えなかったらすみません。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
最初、究極の娯楽映画とご案内しようかと思ったのですが、
調べていくうちに、タランティーノ監督が

ファンタジー

と表現していました。

確かに、これはRG12指定、究極の大人のファンタジーだと思います。

この映画から、細部までこだわった「おもてなし」を感じました。

この記事の最初にも書きましたが、
心も体も満たされたような感覚になった映画だったのですが、

この感覚、日本の究極の「おもてなし」のようだなと思いました。

なかでも、お客様を旅館やホテルで歓待するような「おもてなし」です。


旅館やホテルがある土地がなじみでない場合、

旅へのワクワク感、疲れ、知らない土地への不安感など
お客様はいろいろな思いが入り乱れていると思います。

そのお客様を、まるで家にでもいるかのように、
心落ち着かせる空間、接客をする。

そんな空間を作る一つの方法を映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」から学びました。


豪華俳優(演技も素晴らしい方たち)、
CGを使わず、違和感のない背景(自然志向)など、

こだわりが映画を観る人を安心して
映画の世界にトリップさせてくれているのだなって感じました。


この、こだわり
一歩間違えると、個人的な押し付けになりますし、
こだわりすぎて、ガチガチになって窮屈になったり
こだわりすぎて計画がとん挫したり、

かなりサジ加減が必要なものです。

きっとタランティーノ監督の「こだわり」って
ただただ、映画を観る人が楽しんでもらえたらという
映画を観る人をイメージして「こだわって」いるからこそ

厚かましくもなく、
豪華俳優共演でゴテゴテ感もなく

RG12指定の大人のファンタジー映画が出来たのだと思います。


ふうでごうは、「こだわり」を意識するとき
ついつい、「自分のこだわり」を相手に押し付けたりしていることが
あります。

自分の中に納まってる「こだわり」は生活をする上で、
メリハリができていいことだと思うのですが、

対社会、対誰かとなると、
この「こだわり」自分がではなく、

「こだわり」で相手の方が楽しんでくれるか?満足してくれるか?
と相手、社会をイメージして
相手がいて「こだわり」が生きる「こだわり」は
安心、満足、喜びを生むのではないかと思います。


たとえば、小さなことですが、
あるビジネスホテルで、
用意されていたコップが白い陶器でした。
ビジネスホテルでは、プラスチックのコップが結構当たり前なんですが、
使うか使わないか分からないコップなのですが、なんか心が癒されました。

笑顔で「お帰りなさい」「いってらっしゃいませ」
とどのスタッフも同じように挨拶をしてくれるなど、

小さいなこだわりでちょっとした満足、安心感が
もっと大きな信頼へと変わっていくのだと思います。


そんな経験したことがみなさんもあるのではないのでしょうか?


こんな「こだわり」を沢山詰め込んだのが
タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
だと思います。

人を喜ばせる、心地よく過ごしていただくために
「こだわる」
この映画を観て学びました。


このサイトもタランティーノ監督のような「こだわり」を持って
来て下さったみなさんに、

心地よく、過ごしていただけるブログを目指して

読んていただける方が楽しんで頂けるように
「こだわって」いきます!


今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*