もうすぐやってくる5Gの商用化で私たちの生活はどうかわっていくの?

こんにちは、ふうでごうです。


最近、色んな所で「5G」という言葉を目にしますよね。

「5G」とは何なのか?

「5G」は私たちに何をもたらすのか?

私たちの生活が大きく変わりそうな予感がしませんか?
この「5G」をめぐって、世界の情勢が大きく動いているようです。

第5世代移動通信システム

まずは、5Gの「G」。

「G」はGeneration(ジェネレーション)は世代を意味します。

なので5G=第5世代となります。

この5G、通信システムの世代を表しているので、

第5世代通信システム(5G)。


第5世代ということは、それまでの世代があります。

第1世代(1G) 1979年にサービスが始まった
         アナログ電話通信。ポケベル。
         自動車電話。
自動車電話!?懐かしいですよね。当時、大きなランチボックスのような充電器に、受話器が付いているようなものでした笑。
肩に黒い大きなランチボックスを掛けていた人いたな~。。。

第2世代(2G) 1993年に登場!
         メールなどのデータ通信ができるようになり、
         携帯電話(ガラケー)が爆発的に普及。

第3世代(3G) 2001年に商用サービスが始まり、
         Wi-Fi接続でないところで、
         携帯を使うと、場所によっては表示が「3G」になることが
         ありますよね。
  
第4世代(4G) スマートフォンが爆発的に普及。
         現在のメインの通信システムは4Gです。

3Gと4Gの大きな違いは、スマートフォンを使っていてお分かりだと思うのですが、通信速度です。


そして、現在、試験的に5Gを運用している国、地域がありますが、
2020年、とうとうこの次の第5世代が私たちの生活に
新しい何をもたらしてくれるのでしょう?

高速大容量・低遅延・多接続

現在の4Gと大きく変わる所は

・高速大容量

・低遅延

・多接続

と言われています。

この高速大容量・低遅延・他接続で私たちの生活は変わってきます。

高速大容量・低遅延

データを送る速度が100倍速くなる!
100倍なんてふうでごうは想像できないですが、

YouTubeとか、画像の多いサイトをひらく時、
画面にクルクルのマークがでて、イライラすることがありますよね。
それが、ほとんどなくなるといわれています。

データーを送れる容量も増えるので、


スポーツ観戦も5G対応の機器を揃えれば、
まるで、目の前で試合が行われているような、
そう3Dを見ているような感覚で、
選手目線での観戦が可能になるのです。(VR)
試合や、コンサートをもっと近くで観たい!!
という人はとても待ち遠しいですよね。

そして、世界各地を
飛行機、電車、船、車に乗って移動しなくても、
世界遺産めぐりができたり、
観光地を体験することが可能になるのです。


2020年の東京オリンピックはこの5Gを使って配信を予定しているため、
東京都は日本国内ではどこよりも早く、5Gの整備が行われるように
なります。


そして、他接続

これは、オンラインゲームをしている人には、この5Gは待ちきれないことでしょう!!
データの待ち受け時間もほぼなく、世界中の沢山の人と一斉にできる!

普段の生活では、インターネットとモノとの接続が増えます。(IoT)


??

家のありとあらゆるものが、スマートフォンで制御可能となるのです。
もちろん車も。。。

自動車自動運転の運用はこの5Gが運用されることで、より現実に近づいてきます。

この多接続で、地方も都会も変わりなく、同じサービスを受けれることができるようになると言われています。

医療も遠隔操作で設備を整えれば、有名なお医者さんの手術を受けれるようになったり、
ビルを建てるのも、設備を整えれば、遠隔操作で建設することも可能になると言われています。

いやいや、どんな世界になっていくのでしょう。
近々、ふうでごうなりの近未来を書いてみたいです笑。

いいことばかりじゃないかも。。。

近未来のワクワクするような、ドキドキするような、
「5G」の恩恵を先に書きましたが、

やはり、気になるのは、本当にいいことばかりなの?ってことですよね。

ふうでごうだけでなく、「5G」のことを書いている記事、動画にもありますが、気になるのは

電磁波

電圧がかかり、電気が流れているところには電磁波が
携帯電話だけではなく、どんな電気製品のまわりに起こります。

電磁波のことを調べると、

日本の検査基準に合っているので、
”携帯電話からの電波が健康に影響を及ぼすことはないと考えられます。”

という文章を目にすることがあると思います。

携帯電話の取り扱いの「高周波曝露情報」のところには、

“高周波エネルギーへの曝露を減らすために、
ハンズフリーオプション(内臓スピーカーフォン、付属のヘッドフォン。。)
を使用してください。”

ともあります。

“携帯電話の電磁波は人体に影響はないと考えられる”と
“携帯電話をハンズフリーオプションで使って、直接頭に近づけることを避けましょう”は一体どっちが正しいの?
ってなりますよね。

携帯電話の電磁波の人体への影響については公的にはでていないので
(もしかしたら、分かっているのかもしれませんが)
自分達で考えて身を守るしかないのです。
必要以上に不安になるのではなく、
自分の体の状態を常々知っておく必要があります。

どんな時に、寝起きがいいのか、
何をやめたら、調子が良くなったとか、
気にしてみると、
体に影響を与えているものが分かるかもしれません。

この電磁波、携帯電話だけでなく、
電車、電気機器から発生しているので、
至る所で電磁波の影響を受けています。


通信システムが「5G」になり、
より大きく早いデータが送られるようになり、
わたしたちの身の回りのもとと接続されるようになるということは、
電磁波が今以上に発生するということではないでしょうか。

電磁波の影響を少なくするための方法も色々研究が進められていますし、
実用化されている商品もあります。

また、多接続は私たちの個人情報がより危険にさらされることでもあります。


生活が便利になる。


とても、ワクワクすることではあるのですが、
一方向から情報を受け取るのではなく、
こういう考え方もできるのではないかと
しっかりと、私たちも考えることが大切な時代になっています。

「5G」商用化に向けての色んな国の動きを見てみると、それぞれの国の考え方に触れられて面白い!

「5G」の商用化に向けて、一歩先を行っているのが、

中国の「ファーウェイ」という企業です。

「5G」は今ある「4G」のための中継基地(電波塔)をそのまま使うことができないようで、新しく中継基地を作っています。
しかし、このファーウェイは4Gの基地に5Gを乗せる技術を開発し、
山の上などにある中継地へ機材を持っていけるように軽量化したりと
「5G」商用化に向けて時間をかけて地盤を作ってきました。

ファーウェイが開発した技術はすでにヨーロッパなどいろんな国で「5G」商用化に向けて動き出しています。

そこへ待ったをかけたのが、アメリカ。

「5G」を商用化するため、アメリカと中国の企業はお互いに協力(部品を作ったり、技術を開発したり)してきました。

しかし、アメリカの中で、「5G」の主導権を中国の企業に握られると、
アメリカの機密情報が中国に漏れるのではないか?
という意見があり、「ファーウェイ」潰しをしようと、
アメリカの企業が開発した技術を盗んだと言ったり、
中国に対してアメリカへの輸出に対して大きな関税をかけたり、
「ファーウェイ」を使うな!
とアメリカと仲のいい国に申し出をしたりしています。
それに対して、中国もアメリカに関税を掛けたり、申し出をしたりしています。

これってまるで、ふうでごうには
同じ群れの中の雄ライオンと雌ライオンの喧嘩のように見えます。


雄ライオンは繁殖の時期にしかほぼ狩りをすることはないようで、
獲物を見つけて狩りをするのは、雌ライオンたち。
雄ライオンは、繁殖の時期になると、子孫を残すため雌ライオン巡りをします。

雄のボスライオンは群れを乱しにくる、他の群れの雄ライオンと戦いますが
あとは、群れを静観しているようです。

雄のボスライオンがアメリカで、しっかり者の雌ライオンが中国。
群れの中の雄ライオン、雌ライオンたちは他の国々。
なんか力関係がうまくハマっているように思うのですが笑。

同じ群れの中での争いで、最終的にはお互い助け合わないとお互いに生きていけない。結果は見えているような気がします。

他の国の動きとしては、
日本のソフトバンクなどの携帯電話のキャリアはファーウェイを外して、
「5G」商用化を進めることを発表しています。

しかし、ヨーロッパの国の中には、「5G」はファーウェイが既に商用化の準備をしているので、「5G」に関してはアメリカの言う事は聞けない!
その他のことは、アメリカと協力をします。
とはっきりと表明をしている国もあります。

どれだけアメリカにコミットしているか?
どれだけ「5G」に対して自国で対処してきたか?
というのが、それぞれの国の反応から感じることができます。

「5G」で出遅れたアメリカは、もうすでに「6G」を見据えて
動き出しているとか・・・
しかしファーウェイ(中国)もすでに先のことに研究費を膨大に使っているとか・・・

また、別の機会にこの国際情勢について、面白い本を読んだので
また別に記事を書きます!


「5G」が商用実用化される2020年まであと少し、
どんな世界になっていくのかワクワクしながら、
世界情勢にも目を向けつつ、
この大きな変化を享受しつつ、
その大きな流れに身を任せきらないよう考えることが
「5G」の恩恵をうける私たちには必要なのではないかと思います。

また、この「5G」については、いろいろ調べて書きますね。


最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました!

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*