くもり、くもり、くもり。そして快晴!太陽の恵みを体全体で受け止める。『風の時代』にむけての過ごし方

こんにちは、ふうでごうです。

最近、関東の天気は
朝から快晴ということがほとんどなく

曇りばかり

久々に太陽を朝から見ることができて
とても幸せな気分になっています。

早いもので2020年の最後の月
12月に入ってしまいました。

今年一年最後の月。

どんな1ヶ月をすごしますか?

いろいろ計画がある方もいるでしょうし、
とんでもない!日々目の前のことをやっていくだけ!
何も。。。

激動のこの1年のもやもやや、
不安を一度見直して
新しい年2021年を迎えたいですよね。

最近の天気から学んだこと

ここ数日、曇りの日が多く、
少し昼間に太陽が雲間から出てくることはあっても
朝から快晴という日がありません。

久々に朝から快晴

なんかワクワクして、
布団を干したり、洗濯したり
家の中の歓喜をしたりと
朝からバタバタとしています。

数日間続いた、曇りの日は
なんだか、体が重く
掃除をしたり、家事をするのですが、

食事も味を感じることが少なく
なんかすっきりしない。

晴れていたら、布団干したのに
もっと気持ちよくウォーキングできたのに。。。

なんて、できないことを悔やんで
体が重い上に、
気持ちまでネガティブ思考だったな。

久々に晴れた日、布団を干しながら

これって、曇りの日
なんとなく気が重い日
雲が空を覆って、薄暗い日

今の混沌とした時じゃないかって思ったのです。

そして、晴れた日は
その混沌から抜け出せた日

曇りの日ばかりは続かない。

そう、曇りの日や雨の日がずーっと続きません。

数日続いた後

太陽の光を朝から浴びることができる日が
1日かもしれませんが、
必ずきます。

時代は、天気と同じじゃないかって。
(多くの人は分かっていると思いますが)

曇りの日が続いても
晴れる日が来る

けれど、それは
自分が晴れたらやりたいことができる日に
晴れるか
どうかは分からない。

曇りの日だからと、
気を重くして、
悶々として過ごして
晴れの日のために準備をしていなかったら

晴れた日に
思い切って行動することは
できないですよね。

2020年を締めくくる1ヶ月

不安なニュースを目にしますが、

悶々として、訳の分からない恐怖を
心にため込むのではなく、

いつかは、本当のことが明らかになるでしょうし、
抜け出るでしょう。

そう太陽がさす日が来る。

そのために

太陽が出て来て
心軽く、大きく行動していくには

それまでに、心を軽くして
大きく飛び出す準備をしなくては。

準備だけでなく、
少し準備運動をして
ぽつぽつ動き出していた方が
より心軽く動き出せるでしょ?

年末の大掃除と家の中を掃除する。

それと同時に

自分の悶々とした気持ちを整理整頓。

恐れや、不安やネガティブな気持ちを
心の中から抜いてしまって

新しい年の流れ、太陽の光を
体中に流し込めるように準備。

12月22日は冬至

12月22日には冬至。

1年で一番夜が長い日。
太陽の光が届くのが一番短い日

スピリチュアルの世界では

20年に1度おこる
グレートコンジャンクション

“土の時代”から『風の時代』へと切り替わる日だと
いわれています。

雑誌や、YouTube動画などで目にした人は多いかと思います。

スピリチュアルなことは分かりませんが、

スピリチュアルなことが分からなくても

今年の初めから起こっていること
激動の年を過ごして

明らかに1年前とは違うと
何かしら感じていると思います。

この後は1年前のような日が
また戻ってくるかも。。。
って思っている人もいるでしょう。

いや、変化を認めたくないのかもしれません。

そう、世界は変化しているのです。
そして、大きく。

その変化を受け入れるために

大掃除

今までの価値観や、囚われや
不安や、恐怖を

自分と向き合い

大掃除。

『一日一生』というではないですか。

今日の自分は
昨日の自分ではない。

昨日の世界は
今日の世界ではない。

年末に向かって、日々の中にやらなければいけないことが
増えてくると思いますが、

自分を見つめる時間を作る。

捨てれるものは捨てて

新しい年を迎える準備をしていきましょう!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
良い一日をお過ごしください。

追伸:最近noteで文章を書いています。
こちらのブログの更新がぽつぽつとなっていますが
自分の中の整理ができ次第、
どんどん更新していきます。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*