SNSってほんと疲れるよね…

“信じるということ
人を信じる
ある考えを信じる
救いにはなるかもしれないけれど、
信じること以上を得ることは
できないのではないのだろうか?”

ある話を耳にして、
ふとこんな思いが浮かんで、
数日間もんもんとしていた。

ふうでごうはなんでも信じやすいタイプで
別の見方をすれば、
いや、正直に言おう
詐欺にかかりやすいタイプだと自負している。

その時自分に必要な言葉を発信している人を
この人はふうでごうの求めていた人だ!と
過去の動画を調べたり、書籍を探したりと
どっぷりと浸かる。
特に何かに救いや答えを求めているときに
こういう行為に陥りやすい。

お察しのとおり、
この後は何かしらの自分の生き方、考え方に
合わないところが出てきたり、
ちょっとした違和感を感じると
急に熱の冷めた恋人のように、
まったく追わなくなる。
これ、恋愛と一緒で、本当に疲れる…

ほぼ毎回同じことを繰り返してる。

人との付き合い方と一緒で、
“追えば追うほど、相手は逃げていく”
なのかもしれない。
ほどよい距離で、気に入ったところは
出会った言葉、出会った人柄
今の自分の状況にプラスになることをいただけてよかった
ぐらいがちょうどいい。

結局、どっぷりつかった情報に翻弄され
その通りに考えたり、行動したりしないと
何かバチが当たるくらいに感じてしまうのだ。
本当はそんなことないのに笑。

こんな罪悪感を感じない人がうらやましい。

元の話に戻ろう。
長年、ふうでごうを苦しめてきたことが
はじめて言語化されて
自分の救いの行為の流れと
その元となる自分の癖が
認識できるようになった。

情報を探すとき、核心に触れていない、
答えを言ってくれない
そんな時、これって怒りだろうな
“なんだ!情報発信するんだったら
答えを言ってほしい!”
“もっと詳しく見せて!”
と思ってしまう。
ま、結構な割合で講座への勧誘がその後
ついてくることが多いですよね。
だって、それをビジネスにしているのですから。

でもね、最近思ったのです。

人や物を信じるということは
何かに救いを求めているのかもしれない。
答えや、情報は自分が見つけるものだと、
何かしらの手がかりは必要かもしないけれど
自分で行動して、調べて、見つける。
とてつもない時間や手間がかかるかもしれない。
こんなに時代の流れが早い、早いと言われている中で、
答え一つ見つけられないのは流れに遅れてしまう。
って思ってもみましたが、

考え方をかえよう。

もちろん、答えを探すのだってSNS上の場合
もあります。
一つの事を信じてどっぷり浸からない、
いくつかの情報に触れる。
たまには、反対の意見の情報にも触れる。
好き・嫌い、いい・悪い
という自分の感情で情報を判断しないように。

すべてのことにあてはまらないことなのは
分かったうえで、
なんでもかんでも信じやすい、
ふうでごうの苦しまない生き方の知恵です。
特に情報に触れる時は、感情で判断しないように。
なるべく中立の立場でいようと気を付ける。

このことをしっかりと認識でいている時は、
SNSを見るのも短時間になっていますし、

あ、今日この言葉いただき!
ありがとうございます!

このやり方で、
他の時間をとれるようになったし
何よりも疲れなくなった。

では、何を信じれはいいのか?
ふうでごうなりの答えは

自分自身。

自分の弱み、強味をしっかりと把握する。
そして、自分の過去の経験ではなく、
自分に受け継がれているDNA、英知を
存分の享受するということでしょうか。

ふうでごう自身、最後の時まで
ずっと学びつづけ、自分を見つめて
いくので旅をしている途中なので、
いつかAIなんて言葉出てくるかもしれません。
でも今のふうでごうが出している答えは
信じるものは自分自身。

ふうでごうのように信じやすい方は
少ないと思いますが、
信じやすい方にはおすすめの方法です。
また、こんな人もいるんだと、周りの人の理解につながれば幸いです。

ふうでごうがこのブログで発信している根底に
あるものはただ一つです。
このブログの“風を感じて一人たび”のとおり
自分自身を知り、慈しみ、愛し、
そしてふうでごうもその道を歩む友として
自分自身を信じて
一緒に風を感じて人生という素晴らしい旅を
いつまでも楽しんでほしいという想いです。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

では、また次の投稿でお会いできることを
楽しみにしております。

ふうでごうのつぶやき1


ふうでごう再始動いたします。

大変ご無沙汰しています。
そして、初めて当ブログへお越しいただいた方、はじめまして。
ふうでごうと申します。

2020年の投稿を最後に当ブログを休止しておりました。
何度か再開をしようと、以前の和訳の記事を整理はしていましたが、
どうこのブログを再開させようと悶々とした年月を…

長く休止していた当ブログが皆さまの元に届くかそれはふうでごうのアルゴリズム次第ですね。

再開にあたり、当ブログの内容を一新させていただきます。

「Our Journey」
「ふうでごうのつぶやき」
をはじめます。

「Our Journey」
インディペンデントアーティスト
Keitaro Matsumori
と、彼をサポートしてる、ふうでごうが歩む道をつづります。
インディペンデントで音楽を届ける人たちの活動のヒントになれば幸いです。
もちろん、アーティストを目指していなくても、私たちが奮闘している様子はいろんな方の力になると思います。

Keitaro Matsumori の紹介は最後に載せさせていただきます。

「ふうでごうのつぶやき」
ふうでごうの日々を通して、
ふうでごう視点で穏やかに、明るく
時には、ぼやきになるかもしれませんが、気楽に言葉を綴ります。
実は、和訳を上げていた時、本当はこれがメインのつもりでした笑。
(当ブログを休止中、いろいろな文体で、note、Instagramにあげています。)

そして、「洋楽和訳」は当分休止させていただきます。

書くことのプロではありませんし、
音楽業界に身を置いたこともありません。

書くことが好きで、言葉が好きで
音楽が好きで、音楽を深く愛していて

すべてはここから始まっています。

そして、当ブログにお越しいただいた
方々に笑顔になっていただき、

あなた自身をみつめて、
あなた自身を愛し、
あなたの思い描く幸せな世界、
そこに一歩先へ踏み出せる力を
充電できる場所にできたらと願って

運営させていただきます。

最後に「Our Journey」で数値、SNS情報、業界状況など記載することがありますが、
記事の投稿日をご確認いただき、新しい情報をご自身でお調べいただくことをおすすめします。

では、皆さまの笑顔、幸せを願って

投稿でお会いしましょう!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。 
 2024年5月31日  
          
台風1号がやってきた日に
エネルギーをもらって  
            ふでごう

Introduction : Keitaro Matsumori

He creates a world of melodious and precise rap music with a voice of unique tenderness and strength. He creates raps that bring listeners a positive outlook on life and hope.
Born in Japan in 1995 and lives in Tokyo.
He began making music on his own in 2020, and was greatly influenced by Kanye West and Pharrell Williams songs and their creative production.
Producing, mixing, mastering, and directing music videos all on his own, he is on a quest to create the one and only “Japneses-Western style” hip-hop that is heard in the mainstream around the world.
He released his first single “For Real” on December 10, 2021, followed by “Moon” and”True Love,” and released his first EP”Transcend” on March 18, 2022. Most recently, they released “Moviestar” on March 31, 2023.

メロディアスで正確なラップを唯一無二の優しさと強さを感じる声で自身の世界を作っている。リスナーに前向きに生きること、希望を届ける曲を作っている。1995年日本で生まれ、東京在住。
2020年より独学で音楽を作り始め、カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムスが作る曲と彼らのクリエイティブなプロデュースに大きな影響を受ける。
曲のプロデュース、ミックス、マスタリング、ミュージックビデオの監督を全て自ら行い、世界のメインストリームで聴かれる唯一無二の”Japneses-Western Style” hip-hopを探求している。
2021年12月10日にファーストシングル “For Real”をリリース、続けて”Moon”、”TrueLove”をリリースし、2022年3月18日にファーストEP”Transcend”をリリースした。最近は2023年3月31日”Moviestar”をリリーリースしている。
               ーSpotify アーティスト紹介引用ー

2024年4月26日発売 
Keitaro Matsumori
最新シングル Shadow

spotify:https://open.spotify.com/artist/5SJw7gy5oCn1HJ0t1gIqNr?si=futcOAmsR6i5zrRacs0KdA

Apple:https://music.apple.com/jp/artist/keitaro-matsumori/1597281322?l=en-US

instagram:https://www.instagram.com/keitaromatsumori?igsh=MzZsb2k5YTJwcGw1

YouTube:https://youtube.com/@keitaromatsumori?si=70K34ghSwYsot2p2

TikTok:https://www.tiktok.com/@keitaromatsumori?_t=8mnZn5vSLSS&_r=1

【和訳/歌詞】September セプテンバー Earth, Wind & Fire アース・ウィンド・アンド・ファイアー

今回は
アース・ウィンド・アンド・ファイアーの
セプテンバーを和訳しました。

9月に出会った2人が
愛をはぐくみ
12月にお互いのおもいを
確実にするという内容の歌詞です。

歌詞が幸せあふれる内容であるだけでなく
メロディー、リズムも
気持ちが高揚したときの鼓動のリズムと同調するのか
とても喜びを感じる曲です。

September のMVをふうでごうは10年ほど
前に見ました。
それまでEarth, Wind&Fireのビジュアルを
知ることなく曲を聴いていました。
勝手な想像で作り上げていた
Earth, Wind&Fire像
あまりにも違いすぎて。。

テレビの画面を
無言で見たことを覚えています。

そんなこともありましたが
September はふうでごうの
大好きな曲の一つです。

September 和訳歌詞

[Verse1]
Do you remember
覚えてる?
The 21st night of September?

9月21日の夜のことを
Love was changin’ the minds of pretenders

愛が僕たちの心を変えたんだ
While chasin’ the couds away

雲間が晴れるように
Our herats were ringin’

ぼくたちの心は鳴り響いてた
In the key that our souls were singin’

僕たちの魂のチューンはいい感じ
As we danced in the night, remember

一緒に踊ったあの夜のこと 覚えておこう
How the stars stole the night away, oh, yeah

星たちがこっそり夜を連れ去ったことを

[Chorus]
Hey, hey, hey
Ba-dee-ya, say, do you remember?

覚えてるかい?
Ba-dee-ya, dancin’ in September

9月に踊ったことを
Ba-dee-ya, never was a cloudy day

いつもの曇りじゃなかった

[Post-Chorus]
Ba-du-da, ba-du-da, ba-du-da, ba-du
Ba-du-da, ba-du, ba-du-da, ba-du
Ba-du-da, ba-du, da-du-da

[Verse2]
My thoughts are with you
僕は君のものさ
Holdin’ hands with your heart to see you

君をまるごと感じて手を握る
Only bule talk and love, remember

愛しあい、愛を深めたよね 覚えておこう
How we knew love was here to stay

僕たちの愛は確かなものにしたことを
Now December

今は12月
Found the love that we shared in September

9月に見つけた愛は君と一緒に深めた
Only blue talk and love, remember

愛しあい、愛を深めたよね 覚えておこう
The true love we share today

今日、確かめ合ったことを
本当の愛だって

[Chorus]
Hey, hey, hey
Ba-dee-ya, say, do you remember?

覚えてる?
Ba-dee-ya, dancin’ in September

9月に踊ったことを
Ba-dee-ya, never was a cloudy day

いつもの曇りじゃなかった
There was a
Ba-dee-ya, say, do you remember?
覚えてる?
Ba-dee-ya, dancin’ in September

9月に踊ったことを
Ba-dee-ya, golden drames were
shiny days

ゴールデンドリームは光り輝く
日々だったんだ

The bell was ringin’, oh, oh
ベルは鳴り響き
Our souls were singin’

僕たちの魂は響きあってた
Do you remenber nevr a cloudy day?

覚えてる、いつもの曇りじゃなかったことを
Yow

[Chorus]
There was a
Ba-dee-ya, say do you remember?
Ba-dee-ya, dancin’ in September
Ba-dee-ya, never was a cloudy day

And we’ll say
Ba-dee-ya, say, do you remember?
Ba-dee-ya, dancin’ in September
Ba-dee-ya, golden drames were
shiny days

【歌詞】Earth, wind&Fire  September
【和訳】ふうでごう

Earth, Wind & Fire と September

Earth, Wind & Fire は
ツインボーカルでファンク、R&B、ソウル
と幅広いジャンルを時代ごとに
移り変わりながら
現在も活動を続けている大所帯のバンドです。

Septemberは1978年にリリースされ、
Earth, Wind & Fire の代表曲。
ロサンゼルス市は9月21日を
Earth, Wind & Fire Dayと制定するほど大ヒットしました。

この歌詞にでてくる
The 21st night of September?
9月21日って気になりませんか?

いくつかのサイトを調べてみたのですが、

モーリス・ホワイトが亡くなった後
奥様が語ったところによると
子供の出産予定日だとか。

また、歌詞の中のBa-dee-yaは、
September の作曲作詞の一人である
故モリース・ホワイトが作曲をする時
メロディーをBa-dee-yaと歌って
作っていたそうです。
Septemberを作っていた時も
歌詞と歌詞との間のメロディー部分を
Ba-dee-yaと歌っていたそうで、
一緒に作曲作詞をしていた
Allie Willisがワードとしてそのまま
使ってみたら?と提案して
その後採用されてようです。
       (参考:GENIUS)

とても口ずさみやすいSeptember
最近リリックビデオが公式チャンネルに
投稿されています。


ふうでごうのつぶやき 

お久しぶりです、ふうでごうです。

最後の投稿から2年が過ぎてしまいました。
いかがお過ごしでしょうか?

この2年、あなたにとっても大きな変化が
あったのではないでしょうか?

ふうでごうも色々ありました。

いつもの道を歩いていても
草木や道も変わっていないけれど
その風景と一緒に目に入ってくるものは
2年前の風景とはちがいます。

ふうでごう自身の周りの世界をみる
目も変わったように思います。

けれど、音楽はかわらず
ふうでごうの生活の中に
なくてはならないもの。

改めて、音楽があることの
幸せを感じています。

さて、今回和訳したSeptemberは
9月じゃなくても
常備薬のように
常にふうでごうのマイリストの中に
入っている曲。
付き合いもかなり長い曲です笑。

音楽で本当にいいなって
Septemberを聴いては
思い、そしてまた聴いては
感動しを続けてきました。

ツインボーカルの一人 故モーリス・ホワイトは
(モーリス・ホワイトはSeptemberの
作曲者の一人です)

I have learned that music helps a lot of people
survive, and they want songs that can give them
something – I gess you could call it hope.
ーMaurice White

Earth, wind & Fire instaglam より

”僕は音楽が苦しい時を切り抜ける多くの人の
助けになるって知ったよ。
それに何かを与えてくれる曲を
求めてるんだ。それってhope(光)って
言うのかな”

と語っていたそうです。

苦しい時だけじゃなく幸せな時、楽しい時
希望、勇気、安心を
音楽は与えてくれますよね。

音楽の力をより強く感じてる人は
多いのではないでしょうか。

いろんなシチュエーションで
傍にいる曲を深く知って
もっともっと音楽を愛してほしい。

音楽を愛している自分を
好きになって
あなた自身をみつめる機会に
なればいいなって思います。

ふうでごうもこのブログを通して

”光”

を届けたいと心をあらたに
ブログを再開しました。

少しでもあなたの心に
光のあたたかさと強さが
とどきますように。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

【和訳/歌詞】Move Over ムーブ・オーバー Janis Joplin ジャニス・ジョップリン~わたしをほっといて!

27歳でこの世を去り、短い音楽活動ながら多くのアーティストに影響を与え続けているジャニス・ジョップリンの

Move Over   ムーブ・オーバー
Janis Joplin ジャニス・ジョップリン

を和訳しました。

1970年10月、27歳でこの世を去ったジャニス・ジョップリン。
今回和訳した『Move Over』は
彼女の死後1971年にリリースされたアルバム「Pearl」に収録されて
います。

Move Over 和訳歌詞

続きを読む
Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/ohiruneumeko/fudego.net/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 265

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/ohiruneumeko/fudego.net/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 267
class="col-md-4" role="complementary" itemscope="itemscope" itemtype="http://schema.org/WPSideBar">

カテゴリー

過去の投稿