祝2020年グラミー賞司会決定!アリシア・キーズのオススメの曲を3曲ご紹介!!!

こんにちは、ふうでごうです。

先日、2019年に引き続き、2020年の
題62回グラミー賞授賞式で司会を務めることが決定した

アリシア・キーズ

売れる曲全てが、とても洗練されていて、
歯切れのいい感じが好きで、一時期ドはまりしたことがあります。

凛とした立ち姿、ピアノを弾きながら歌う姿から、

やっぱNY育ちは違うな~

なんて、アリシア・キーズからNYを感じていました笑。

ここ数年のアリシア・キーズの活動を全く知らなかったのですが、

ありのままの素直な自分という思いから、

『ノーメイクアップ宣言』

をして、世界中に社会現象を起こしたり、
音楽業界の女性の地位向上を訴えるキャンペーンをやったり、
子どもを救う、チャリティーソングを作るなど
啓蒙活動にも熱心で、
女優など活動も多岐にわたっています。

今や、時の人、いや女性のアイコンとなった
アリシア・キーズの代表曲を3曲ご紹介します。

ピアノの音が素敵な「If Ain’t Got You」

デビューアルバム「ソングス・イン・A・マイナー」が
グラミー賞で5部門受賞したあと出しだ2枚目のアルバム

「ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ」(2003年リリース)の中の1曲

「If Ain’t Got You」

ピアノから始まり、情景が目の前に浮かぶような歌詞
心地よいリズムを感じて欲しい一曲です。

アリシア・キーズは生粋のニューヨークっ子。
7歳からピアノを習いはじめクラッシク、ジャズなどを学んでいます。

そんな背景と、

Some people live ~と周りの人たちを表現しているところが好きで、
なんなら、熱烈なラブソングなのに、肝心のサビの部分は流して聴く笑
ぐらい、
当時のニューヨークの最先端にいる女性の冷静な目線のようで、
カッコよく感じていました。

私といるとうまくいくよ!「No One」

3枚目のアルバム「アズ・アイ・アム」(2007年リリース)から

「No One」

みんな私たちのことを、色々言うけど、
うまくいってるじゃない。
私たち、上手くいくわ!
誰にも邪魔させない

People keep talking they can say what they like

But all I know everything’s going to be alright

No one, no one , no one
Can get in the way of what I’m feeling・・・

アリシア・キーズ「No one」

どこにでもありそうな、ラブソングなのに、

アリシア・キーズが歌うと、

なんか強い女を感じるんですよね。

地元愛が半端ない「Empaire state of mind Part2」

きっと、どこかで耳にしたことがあるメロディですよね。

ニューヨークの歌と言えば、

「Empire State Of Mind Part2」


ニューヨークのことを歌った歌で有名なものに、

ビリー・ジョエルの「New York State Of Mind」

フランク・シナトラが歌う「New York, New York」

などがあります。

今や、アリシア・キーズの「Empire State Of Mind Part2」
一番に上がるのではないのでしょうか。

パート2なので、パート1があるのではないか?
と思いますよね。

パート1はないわけではないのですが、

もともとは、アリシア・キーズと同じ
ニューヨーク出身のラッパー Jay-Zとアリシア・キーズが歌ったものが
「Empire State Of Mind」
でした。

この曲、作詞作曲はニューヨーク出身のHUNTEとパートナーです。

海外旅行をした時、ホームシックにかかり、
ニューヨークは道が混んでるとか、地下鉄がイヤだとか、
あれこれ不満を言ってきたけど、もういい!!
ニューヨークに戻りたい!!!!
と思った気持ちを思いっきり曲に詰めたものです。

この曲を、ニューヨーク出身の Jay -Z に歌ってもらいたい!!
と音楽会社に持ち込みます。
ある出会いから、 Jay-Z に歌ってもらえることになったものです。


そして、ラップの部分をアリシア・キーズがアレンジして
出来上がったのが
「Empire State Of Mind Part 2」です!


アリシア・キーズの変化に気づきましたか?

そう、ほとんどノーメイク!

歌はよりパワーを増し、存在感も半端ないです。

お化粧をしていることもありますが、
ほぼスッピンでテレビにでたりしています。

2019年のグラミー賞の司会の時も、
とてもパワフルで、愛に満ちた司会をしていました。

2020年のグラミー賞。
アリシア・キーズはどんな司会をしてくれるのでしょう。
今から楽しみです。!!!

今回はニューヨーク出身のディーバ「アリシア・キーズ」の
おススメの3曲を紹介させていただきました。



最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*