【和訳/歌詞】Before You Go ビフォア・ユー・ゴー Lewis Capaldi ルイス・キャパルディ~あなたの心の嵐が分かっていたら…

こんにちは、ふうでごうです。

今回は昨年(2019年)サムワン・ユー・ライクドがロングヒットになり
有名になったイギリスのシンガーソングライター
ルイス・キャパルディの曲

Before You Go ビフォア・ユー・ゴー
Lewis Capaldi ルイス・キャパルディ

を和訳しました。

ルイス・キャパルディの叔母、お母さんの姉妹が自殺で
亡くなったことについて書いた曲だそうです。
人の死について語られることがあまりないので
このことを取り上げたいと思ったと語っています。


I fell by the waysaide like everyone else
途中であきらめたんだ、誰ものようにね
I hate you, I hate you, I hate you but I was
just kidding myself
君が嫌い、君が嫌い、君が嫌いって
自分をごまかしてる
Our every moment, I start to replace
僕たちのすべての瞬間を、僕は置き換え始めてる
‘Cause now that they’re gone all I hear
were the words that I needed to say
今やそれらは去ってしまって、ただ聞こえてくるのは
僕が言う必要のあった言葉

When you hurt under the surface
君が深く傷ついていた心は
Like troubled water running cold
冷たい荒波のよう
Well, time can heal but this won’t
時間が癒してくれる、
けどこれは違うだろう

So, before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make your heart beat better?
君の傷ついた心を癒す
僕が言えることはあったかな?
If only I’d have known you had a storm to
weather
もし君が嵐を乗り切ろうとしてたことを
分かってたなら
So, before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make it all stop hurting?
君が傷つくのを止めるために僕が言えることは
あったかな?
It kills me how your mind could make you
feel so worthless
どんなに君がつまらないと感じていたかと思うと
僕は死ぬほどつらい
So, before you go
君が去る前に

Was never the right time whenever you
called
君が電話をしてくる時いつでも
タイミングが悪かった
Went little by little by little until there was
nothing at all
少しずつ少しずつくるいはじめて、
完全になくなってしまった。
Our every moment, I start to replay
僕たちの全ての瞬間を、僕は置き換え始めてる
But all I can think about is seeing that
look on your face
けど、考えるのはただ君の表情を見ている
ときのことだけ

When you hurt under the surface
君が深く傷ついていた心は
Like troubled water running cold
冷たい荒波のよう
Well, time can heal but this won’t
時間が癒してくれる、
けどこれは違うだろう

So, before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make your heart beat better?
君の傷ついた心を癒す
僕が言えることはあったかな?
If only I’d have known you had a storm to
weather
もし君が嵐を乗り切ろうとしてたことを
分かってたなら
So, before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make it all stop hurting?
君が傷つくのを止めるために僕が言えることは
あったかな?
It kills me how your mind could make you
feel so worthless
どんなに君がつまらないと感じていたかと思うと
僕は死ぬほどつらい
So, before you go
君が去る前に

Would we be better off by now
今もっといい関係でいられたかな
If I’da my walls come dawn
もし僕の壁を壊していたら
Maybe I guess we’ll never know
たぶん、僕らはもう分からないね
You know, You know
そうだよね

Before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make your heart beat better?
君の傷ついた心を癒す
僕が言えることはあったかな?
If only I’d have known you had a storm to
weather
もし君が嵐を乗り切ろうとしてたことを
分かってたなら
So, before you go
君が去る前に
Was there something I could’ve said to
make it all stop hurting?
君が傷つくのを止めるために僕が言えることは
あったかな?
It kills me how your mind could make you
feel so worthless
どんなに君がつまらないと感じていたかと思うと
僕は死ぬほどつらい
So, before you go
君が去る前に

引用:歌詞 Before You Go
和訳 ふうでごう

あとがき

あの時、あんなこと言わなけばよかった。

そんなつもりで言ったんじゃないのに。

そんなこと思ってたんだ、気づかなかった。

って後悔することありますよね。

相手がまだ近くにいて、取り返しがつくなら
もう一度チャンスがあるなら

やり直せることができるかもしれません。

でも、いろいろなことが積み重なって
自分が気付いた時には
関係を築こうと思っている人は
もういない…

てこともあります。

この歌を聴いて思ったのが

目の前の人を大切にしようと、
そして、真実をみきわめる目をもちたいと

強く思いました。

でも、この歌詞のように相手が遠く離れて
今の気持ちを伝えることができないとしたら

同じ過ちは繰り返さないよう
相手のせいではなく

自分がどうすればよかったか
どうなれば、次に同じことがあったとき
うまく乗り越え、チャンスを掴めるか
を考え、自分が変わっていくしかないのだと思います。

上手くいかなかった時、
同じようなことが、また起こるんですよね。


ルイス・キャパルディがBefor You Goを歌っている動画がありましたので
ご紹介します。



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。



     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*