【和訳/歌詞】Lean On Me リーン・オン・ミー Bill Withers ビル・ウィザース~僕たちはみんな誰かに助けてもらう時があるんだ

こんにちは、ふうでごうです。

今回は、1972年にリリースされた曲。
当時、民権運動や学生運動の活性化やべとなう戦争の長期化などによって
疲れ果てた人々に寄り添う歌詞が共感を呼んだ

Lean On Me リーン・オン・ミー
Bill Withers ビル・ウィザース

を和訳しました。

ビル・ウィザースとリーン・オン・ミー

ビル・ウィザーズは遅咲きのアーティストで、
33歳(1971年)でファーストアルバムを
リリースします。
今回和訳した「リーン・オン・ミー」は
1972年にリリースされた2枚目のアルバム
「Still Bill」に収録されています。

「リーン・オン・ミー」は全米シングルチャートで1位を記録し、
後にグラミー賞で最優秀R&Bソング賞を受賞しています。

「リーン・オン・ミー」はこれまでに多くのアーティストによって
カバーされていて、オバマ大統領就任記念コンサートや
ハイチ地震への救済を呼びかけるチャリティ番組でも歌われています。

2020年4月17日に行われた「One World : Together At Home」
ではスティービー・ワンダーが歌い、
2020年4月27日には
カナダ出身のアーティストたちにより発足された新プロジェクト
「ArtistsCAN」(アーティスツキャン)によって
チャリティー・シングルで歌われています。
(スティービー・ワンダー、アーティスツキャンの動画は和訳の後に
紹介しています。)

ビル・ウィザースはアメリカのシンガーソングライターで、
1938年7月4日生まれ、残念ながら、
今年2020年の3月に亡くなっています。

Lean on me(リーン・オン・ミー)の意味は

わたしに頼って

という意味です。

Lean On Me Bill Withers 和訳歌詞

Sometimes in our lives
生きていたら時々、
We all have pain, we all have sorrow
みんな苦しんだり、悲しんだりするんだ
But if we are wise
けど、もし賢ければ
We know that there’s always tomorrow
知ってるのさ、
いつも明日は来るってことを

Lean on me when you’re not strong
君がくじけそうになった時
僕に頼ったらいいよ
And I’ll be your friend,
I’ll help you carry on
そしたら、僕が君の友達になって、
僕は君の助けになり続けるよ
For it won’t be long
ほんの少しの間だけど
Till I’m gonna need somebody to lean on
僕が頼れる誰かを必要とするまで

Please swallow your pride
意地を張らないで
If I have things you need to borrow
君が助けが必要だとしても
For no one can fill those of your needs
だれも君の助けができないよ
that you won’t let show
君が”助けが必要だ”って言わなきゃ

You just call on me, brother,
when you heed a hand
友よ、僕に電話をして
君が助けが必要な時
We all need somebody to lean on
みんな頼る誰かが必要なんだよ
I just might have a problem that you’ll
understand
僕が困ったことになっているとしたら
君はそれを理解してくれるかもしれない
We all need somebody to lean on
みんな頼れる誰かを必要としてるんだ

Lean on me when you’re not strong
君がくじけそうになった時
僕に頼ったらいいよ
And I’ll be your friend,
I’ll help you carry on
そしたら、僕が君の友達になって、
僕は君の助けになり続けるよ
For it won’t be long
ほんの少しの間だけど
Till I’m gonna need somebody to lean on
僕が頼れる誰かを必要とするまで

Lean on me when you’re not strong
君がくじけそうになった時
僕に頼ったらいいよ
And I’ll be your friend,
I’ll help you carry on
そしたら、僕が君の友達になって、
僕は君の助けになり続けるよ
For it won’t be long
ほんの少しの間だけど
Till I’m gonna need somebody to lean on
僕が頼れる誰かを必要とするまで

You just call on me, brother,
when you heed a hand
友よ、僕を呼んで
君が助けが必要な時
We all need somebody to lean on
みんな頼る誰かが必要なんだよ
I just might have a problem that you’ll
understand
僕が困ったことになっているとしたら
君はそれを理解してくれるかもしれない
We all need somebody to lean on
みんな頼れる誰かを必要としてるんだ

If there is a load
神様がいるとしたら
You have to bear that you can’t carry
君が抱えきれないものを
運ばなければいけないのなら
I’m right up the road
僕はすぐに行くよ
I’ll share your load
僕がそれを分かち合おう
If you just call me
もし僕を呼んでくれたらね

Call me
僕を呼んで
If you need a friend
もし友達が必要なら
Call me
僕を呼んで
If you need a friend
もし友達が必要なら

If you ever need a friend
もし友達がどうしても必要なら
Call me, call me, call me,
call me
僕を呼んで

If you need a friend
もし友達が必要なら
Call me, call me, call me,
call me
僕を呼んで

引用:歌詞 Lean On Me より
和訳 ふうでごう

スティービー・ワンダー パフォーマンス Lean On Me

2020年4月17日 One World : Together At Homeがネットで行われ
参加したアーティスト、スティ―ビー・ワンダーが
ビル・ウィザースのLean On Me を歌ってくれました。
後半はスティービー・ワンダーの曲
Love’s in Need of Love Today (邦題:ある愛の伝説)です。

ArtistsCAN アーティスツキャンのリーン・オン・ミー

カナダ出身のアーティスト、ジャズティン・ビーバーやアヴリル・ラヴィーンらがチャリティーソングとして「リーン・オン・ミー」を歌っています。

ふうでごうのつぶやき

【誰かに頼る】

本当に困って、どうしようもない時、
誰かに素直に

教えて

助けて

って言えますか?

ふうでごうはなかなか言うことができません。

我慢して、我慢して、

結局、どうしようもなくなって

諦めるか、

どうしようもなくなるか。。。
結果、誰かに迷惑をかけてしまって
います。


もう、どうしようもないから
どうしたらいい?

という全てを託してしまう全託では
結局、この状況から
自分で何かを学ぶことはできませんが、

どうにか打開しようと、
いろいろ自分なりに調べて、やっても
どうしようもない時、

「ごめんなさい。ここまでやったけど、
うまくできないから、教えて。」

「ちょっと、しんどいから
話聞いて」

という言葉が出るかどうか、
自分が成長するためには
とても必要なことだと思います。

ある意味、自分を冷静に見れているからこそ
この言葉がでるのかもしれません。

人は1人で何かを成し遂げることはできません。

1人でやっているようで、

何かしら、自分以外の人がかかわっているのです。

ついつい、バカにされるかも、
相手にされないかも

とへんな意地を張ってしまいがちですが、

それって、勝手に自分が作ってしまった
思い込みかもしれません。


手を貸してもらって、上手くいったら、

今度、
困っている誰かに手を貸せばいいのだと思います。


ふうでごうにはとても心に響いた
Lean On Me リーン・オン・ミー

あなたはどうでしたか?



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*