【和訳/歌詞】My Way マイ・ウェイ Frank Sinatra フランク・シナトラ~わたしはわたしの人生を歩んできた

世界中のアーティストがカバーをし、どこかできっと聴いたことのある曲

My Way マイ・ウェイ
Frank Sinatra フランク・シナトラ

を和訳しました。

My Way 和訳歌詞

And now the end is near
さて、終わりが近い
And so I face the final curtain
そう、最終幕に向かっている
My friend, I’ll say it clear
友よ、はっきりしてることがある
I’ll state my case of which I’m certain
確信しているわたしなりの考えなんだ

I’ve lived a life that’s full
満足した人生を送ってきた
I traveled each and every high way
どんな高速の道も旅してきた
And more, much more than this
そしてまさに、これ以上に
I did my way
わたしの道を生きてきた

Regrets, I’ve had a few
後悔、少しはあるさ
But, then again, too few to mention
けどね、ふれるほどでもないさ
I did what I had to do
わたしはね、やべきことをやったよ
And saw it through without exemption
例外なく、やり通したんだ

I planned each chartered course
行く道それぞれに計画をたてたさ
Each careful step along the byway
何が起こってもいいように綿密にね
And more, much more than this
そしてまさに、これ以上に
I did my way
わたしの道を生きてきた

Yes, there were times
そうだな、そんな時もあった
I’m sure you knew
ああ君も知ってるだろ
When I bit off more than I could chew
手に負えないようなことやろうとしたさ
But through it all
けどやっている間
When there was doubt
迷いが生じた時
I ate it up and spit it out
やりはしたけど、諦めもした
I faced it all
現実をうけいれたさ
And I stood tall
わたしは自信を持っていたのさ
And did it my way
こんなふうに
私は自分の道を生きてきた

I’ve loved, I’ve laughed and cried
愛したさ、
笑もしたし、泣きもした
I’ve had my fill, my share of losing
わたしは抱えきれない沢山の思い出がある
失くしたものもその一部なんだ
And now, as tears subside
そして今、涙はおさまって
I find it all so musing
すべてが楽しませてくれたのさ

To think I did all that
わたしがやってきたことを思うとき
And may I say, not in a shy way
わたしは言うかもしれない
恥ずかしがらずに
Oh no, oh no, not me
いや、わたしらしくない
I did it my wqy
わたしはわたしの道を生きてきた

For what is a man?
どうして男なんだ?
What has he got?
彼が成し遂げたことは?
If not himself
本来の自分でないとしたら
Then he has naught
彼は無価値なんだ
To say the things he truly feels
本当に感じてることを言うのさ
And not the words of one who kneels
ひざまずいてる人の言葉ではない
The record shows I took the blows
わたしが打撃をうけたことは
やってきたことからわかる
And did it my way
わたしはわたしの道を生きたんだ

引用:歌詞 My Way より
和訳 ふうでごう

フランク・シナトラlive動画(1974年)

ふうでごうのつぶやき

こんにちは、ふうでごうです。

『My Way』は曲の最後に向かって
どんどん盛り上がっていきます。
曲もそうなのですが、フランク・シナトラの
歌い方も曲と共に盛り上がっているように思います。
歌詞の意味を知らなかったときは、

曲の盛り上がりとともに
自分の道をしっかりと歩いたんだ
その道は素晴らしいものなんだ
と歌っているのかと思っていました。

でも、和訳を読んでいただいたら
お分かりいただけると思うのですが、

自分で自分の道を歩んできたけど
その道は決して平坦なでキラキラした道じゃなかった
そんな道だったけど、
自分が主人公の自分の道を歩いてきたから
後悔をしていることはあるけど
全部ひっくるめて楽しかったと

やるべきことはやってきたし、
私は堂々としていたと
やり切った感が伝わるような歌詞なのですが
曲の半分を超えたあたりから
ちょっと雲行きが怪しくなります。

人生の終着地点が見えて、ちょっと心が動揺しているのか
伝えるのであれば、本当のことを語りたいと
自分と葛藤しているのか
飾っていない本当の自分を見つめようとしている
ことがわかるような歌詞になって
曲は終わりを迎えます。

ただ、わたしの人生はいいことばかりだよ
なんて、おとぎ話ではない
人間味のある歌詞に
この曲の愛される理由が分かったような気がします。

以前紹介した言葉に「一日一生」という言葉があります。
その日一日を最後の一日だと思えるような
生き方をすることです。

1日の最後にこの歌のように

わたしはわたしの道をやりきったという
1日を過ごせるといいですよね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*