【和訳/歌詞】Never give up シーア Sia~心地よいリズムにのって肚の底に刻むことば

こんにちは、ふうでごうです。

曲の雰囲気がアジアンちっくだけれど、
困難と思われるようなことも、諦めないという思いが強く伝わる曲です。

Sia シーア   Never Give Up

Sia シーアが映画のために書き下ろした曲です。

LION ライオン25年目のただいま

2017年に公開した映画「LION ライオン25年目のただいま」の
主題歌としてシーアが書き下ろした曲です。

簡単なあらすじです。
これを知って曲を聴くと、この曲のメッセージが
より伝わると思います。

ふうでごうは曲の背景を知らず、「Never Give Up」を聴いても
かなり、ずしんと心に響きました。
映画の内容を知ってから聞くと、
曲の雰囲気、短い歌詞に込められた思いがより伝わってきて

諦めなければ、思いは掴める、自分の道は見つかる

という希望がこの曲の先に見えるようになり、
よりこの曲が弱いメンタルを支えてくれる曲になりました。

「LION ライオン25年目のただいま」のあらすじ

簡単なあらすじです。

インド西部に生まれた少年が5歳の時、
お兄さんの仕事について行った道中、眠ってしまい
駅に取り残されてしまいます。
当然、少年は目が覚めて、兄をさがします。
駅に入ってきた列車の中も…
探しつかれた少年は列車の中で
お兄さんを探し疲れて寝てしまいます。

眠った少年を乗せた列車はインドの中心部へ

ここから少年の苦難がはじまります。
人買いに連れていかれたり、いじめられたり、
最終的に、いい人に出会って孤児院へつれていかれます。

ただこの孤児院の中でもいろいろありますが、
オーストラリアのタスマニアに住む夫婦の元へ
養子縁組が決まり、オーストラリアへ。

この夫婦の愛情に包まれ、幸せに暮らすのですが、
大学生になった時、友人との会話から自分のルーツが
気になりだします。

そこから、取りつかれたように自分のルーツ探しがはじまり
ネット上の地図情報と少年の過去の記憶を頼りに
実の母親や肉親に25年ぶりの再会を果たすまでの
実話に基づいたストーリーです。

オーストラリアからインドを記憶をたどって、Googleearthを使って
自分の生まれた家を探すなんて、
見つけ出せたのが奇跡ですよね。

この奇跡を起こすにも、自分の強い思いが根底にありますが、
その人を支えてくれる周りの人たちの存在も感じてほしいです。

Sia(シーア)Never Give Up和訳歌詞


I’ve battled demons that won’t let me sleep
Called to the sea but she abandoned me

眠ることをゆるさない魔物とずっと闘っている
海に呼び出されたけど、私を見放した。


But I won’t never give up, no, never give up, no, no
No, I won’t never give up, no, never give up, no, no

でもあきらめない、いや!、あきらめない!
いやだ! あきらめない!!


And I won’t let you get me down
I’ll keep gettin’ up when I hit the ground
Oh, never give up, no, never give up no, no, oh
I won’t let you get me down
I’ll Keep gettin’ up when hit the ground
Oh, never give up, no, never give up no, no, oh

倒されたりしない。
地面に打ち付けられても、起き上がり続ける
あきらめない!いやだ、あきらめない!
地面に打ち付けられても、起き上がり続ける
あきらめない!いやだ、あきらめない!


I’ll find my way, find my way home, oh, oh, oh
×4回

自分の道を見つけるの、帰り道を見つけるの

Oh yeah, I’m haunted by the distant past
Called to the skies but she was she overcast

遥か遠い過去に追われてる
空に呼びだされてみれば、雲に覆われていた

Never give up, never give up
Never give up, never give up

あきらめない、あきらめない
あきらめない、あきらめない

英語歌詞 Sia Never give up より引用

ふうでごうのつぶやき

何度も繰り返されるnever give up
この言葉が肚(はら)の底に落ちてきますよね。

あまりにも繰り返されているので、
訳は回数を減らしています笑。


心地よいリズムがいずれ、
自分の血となり肉となる。

人はリラックスをして
繰り返し願ったものは叶いやすいといいます。



あきらめきれない事があって
くじけそうになった時
あなたの心に
シーアの声とリズムが
パワーを与えてくれると思います。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*