【和訳/歌詞】Firework ファイアーワーク Katy Perry ケイティ・ペリー~心の導火線に火をつけて花火を打ち上げるの!

こんにちは、ふうでごうです。

今回は、「自身を持って勇気を出して夢や希望をかなえよう」と背中を押してくれる、ケイティ・ペリーの2010年のヒット曲

Firework   ファイアーワーク(花火)
Katy Perry   ケイティ・ペリー

を和訳しました。

『Firework』は2010年に発売されたアルバム「Teenage Dream」
に収録されています。

聴く人に行動する勇気を与えてくれるケイティー・ペリーの曲
「Roar」「Daisies」の2曲は以前和訳していますので、
是非ご覧ください。
下のボタンをクリックすると、サイト内の和訳のページに
飛びます。
また和訳の後には和訳をして感じたこと、日々の生き方のヒントになるような「ふうでごうのつぶやき」を書いていますので、是非読んでみてください。

Firework 和訳歌詞

Do you ever feel like a plastic bag?
自分がビニール袋のようだって思ってる?
Drifting through the wind
風に吹き彷徨うような
Wanting to start again
やり直したいって思ってる
Do you ever feel, feel so paper-thin?
自分が薄っぺらな紙って思ってる?
Like a house of cards
トランプで組み立てた家
One blow from caving in
一吹きで壊れちゃいそうな

Do you ever feel already buried deep?
自分が地中深くに埋葬された感じがしてる?
Six feet under screams
6フィート下で悲鳴を上げるの
And no one seems to hear a thing
でも誰の耳にも届かない
Do you know that there’s still a chance
for you?
あなたにはまだチャンスがあるって知ってる?
‘Cause there’s a spark in you
あなたの中に火種があるのよ

You just gotta ignite the light
さあ火をつけなきゃ
And let it shine
そして輝かせるの
Just own the night
自分自身の夜にね
Like the Fourth of July
7月4日の独立記念日のようにね

‘Cause baby, you’re a firework
そう、あなたは花火なの
Come on, show them what you’re worth
さあ、見せて
あなたは存在する価値があるの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
As you shoot across the sky
あなたが夜空に花火を打ちはなったらね

Baby, you’er a firework
あなたは花火なの
Come on, let your colors burst
さあ、あなたの個性をはじき出すの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
You’re gonna leave them all in awe,
awe, awe
素晴らしい存在になるの

You don’t have to feel like a waste of
space
あなたはいる場所がないって思う必要
ないわ
You’re original, you cannot be replaced
あなたはあなたで、
あなたの代わりにはいないの
If you only knew what the future folds
あなたが将来待ち受けていることを
知ることができればなあ
After a hurricane comes a rainbow
嵐の後は、空には虹がかかるの

Maybe a reason why all the doors are closed
多分すべてのドアが閉じてるの
So you could open one that leads you to
the perfect road
だから素晴らしい道へのあなたを導いてくれる
ドアをあなたが開けるの
Like a lightning bolt, your heart will glow
あなたの心は稲妻が光る雷のように
輝くのよ
And when it’s time, you’ll know
その時がきたら、あなたにも分かるわ

You just gotta ignite the light
さあ火をつけなきゃ
And let it shine
そして輝かせるの
Just own the night
自分自身の夜にね
Like the Fourth of July
7月4日の独立記念日のようにね

‘Cause baby, you’re a firework
そう、あなたは花火なの
Come on, show them what you’re worth
さあ、見せて
あなたは存在する価値があるの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
As you shoot across the sky
あなたが夜空に花火を打ちはなったらね

Baby, you’er a firework
あなたは花火なの
Come on, let your colors burst
さあ、あなたの個性をはじき出すの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
You’re gonna leave them all in awe,
awe, awe
素晴らしい存在になるの

Boom, boom, boom
Even brighter than the moon, moon, moon
お月様よりまばゆいの
It’s always been inside of you, you, you
いつもあなたの中にあるのよ
And now it’s time to let it through
今よ、夜空に打ち放つ時よ

‘Cause baby, you’re a firework
そう、あなたは花火なの
Come on, show them what you’re worth
さあ、見せて
あなたは存在する価値があるの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
As you shoot across the sky
あなたが夜空に花火を打ちはなったらね

Baby, you’er a firework
あなたは花火なの
Come on, let your colors burst
さあ、あなたの個性をはじき出すの
Make them go, “ah, ah, ah”
人は感動するの
You’re gonna leave them all in awe,
awe, awe
素晴らしい存在になるの

Boom, boom, boom
Even brighter than the moon, moon, moon
お月様よりまばゆいの
Boom, boom, boom
Even brighter than the moon, moon, moon
お月様よりまばゆいの

引用:歌詞 Fireworkより
和訳 ふうでごう

ふうでごうのつぶやき

【そこにいるだけで】

友達の中、家族の中にいる時

ふと、
ここにいていいのかな?

って思うことありませんか?

ふうでごうは、小さい時から
親の思いにこたえよう、
周りの人の思いにこたえよう

と強く思うがあまり、
自分で自分がいる場所を
どんどん無くしていったことがあります。

自分は何者なのか?
自分には何ができるのか?

そんなことを考えてばかりいました。

いろいろ本を読んだり、
学んだりして

気が付いたのです。

周りにいる人に認めてもらいたいと
思うがあまり、
周の人に合わせて、自分をいろいろ変化さえて
自分を無くしてしまっていたのです。

そう、いわゆる承認欲求というものですね。


自分が興味があるもの、
一生懸命になれるものを
求めることで
自分が形成されて、
アイデンティティというものが作られていくのですが、
周りを気にするがあまり、
認められること、
褒めてもらえることを優先していたばかりに、
なにもかもが中途半端になっていたのです。


もちろん、自分を形成するものに
親の影響や、周りの人の影響も
当然あります。

でも、優先順位が「認められること、褒められること」
だったふうでごうは、

それを強く求める子供でした。


正直それに気が付いた時は
大きなショックでした。

なによりも、真っ裸でお外に
放り出されたような
そんな感じでした。

なんなら、元に戻りたいとも思いました。

一方で、
「認められること、褒められること」
を求めて自分らしさを無くしていた時よりも
肩の力を抜いて生きていける

すがすがしさ

を感じたのです。

気が付いたのがかなり遅かったですが、

このブログを書くために
そして自分が生を全うするために
本を読み、色々学び
日々何かしら気づきがある毎日を
一日一日過ごしています。


そう、自分の居場所は自分の内に
求めるものなのかもしれません。

誰かに認められるためではなく、

誰かとともに生きていくために

そこにいるだけでいいと
言ってもらえる仲間に出会うために


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

     

風を感じて一人あるき。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す

*